一気に30度近くまで気温が上がって夏到来?と思っていたら今度はドーンと下がって涼しい(^^;
毛布しまわなくてよかったわ、と思っている私です。
みなさま、体調はいかがですか?

前回のレッスンから1か月たち、そろそろ次のレッスンを…と思っていたところ、先生からメール(^^;
何か伝わってしまったのでしょうか。
突然1週間後のレッスンが決まってしまったのでさぁ大変。
どれもまだ納得いく状態ではなく、何をお願いしようかと慌てています。

とはいえ、バッハのイタリア協奏曲わからないところはないので今回で終わる予定。
ゴルトベルクも「歪んでる」と言われたところは直したので、たぶんこれでいいんじゃないかと…これも今回で終了予定。

あとは、ショパンのプレリュード3番と4番は何とか弾ける。いくつか質問あり。
5番は練習中であと1週間がんばればなんとかここまでは…逆に6番の方ができてるんだけど(;^ω^)順番通りの方がいいかな。先生と相談。

それにしてもこのプレリュード、もっと早くやっておけばよかった~とつくづく思います。
ショパンを弾く上で大切なことがいっぱい詰まってます。
跳んだ音の弾き方つなげ方、指の開き方など。
ベトベンとは全然違うテクニックが必要。
これを知っていたらバラードももっと楽に…いや、でもバラードをやったからこそ見えたこともあるし、それはそれで良かった。我ながらよく無謀な挑戦をしたもんだと思います(^^;
プレリュードを外で弾くことは考えてなくて、これは普段の練習曲くらいな位置づけでやっています。

問題はベトベンですよ(-_-;)
30番は1楽章の拍の取り方で苦労して、2楽章は速く弾けなくて苦労して、3楽章のバリエーションがまた弾きにくくて指に余裕がないと辛くて、最後のトリルができない。そろそろ限界かなと感じているので、撤退するかもです。
30番は1楽章だけでも弾ければと思っていたので(でも、1楽章と2楽章はつながっているので、やるなら2楽章までは必須でした)、撤退しても後悔はありません。

でも、31番はどうしても(自分なりに)完成させたい!
これ以上30番にこだわって頑張っても時間がもったいないのでそろそろ31番に戻ろうかと。
他にショパンの大曲もやらなきゃならないし。

おさらいシリーズもね、やっていきたいし。
あれもこれもはムリだから、優先順位を考えたら30番は諦めるかな。

バッハのシャコンヌも10度ちゃんと届かないときついんですよ。
ブゾーニさんの楽譜には「アルペジオにしないで」と書かれてるところがあってもう、ヒドイったら(>_<)
でもま、これはボチボチ…数年計画でやっていこうかと思います。
バッハの中で弾きたい曲なので。

どびゅっしーの『水の反映』の再挑戦に取り掛かっています。
なんとなーくは覚えてるんですが(^-^;前回はだいぶ無理してたんだなぁと思います。「よく練習したもんだわ、デジピで」と思わざるを得ません。それと、当時習っていた先生がご自身では弾かない?弾けない?曲だったので、間違ったところがそのままっていう部分があって(~_~;)今直し中。ちゃんと暗譜して今の先生に”合格”をもらいたいと思います。
いつか人前で演奏できるんじゃないかと思います(#^^#)

そのあと、ラヴェルの『水の戯れ』をやります。
去年やり始めて、結局譜読み段階で挫けて(:_;)終わりませんでした。
今年こそは!と思います。
先生の先生がラヴェルお得意の方なので、そういう系統で習えるのは貴重なこと。ぜひぜひやりたいです。パヴァーヌもやり直さなきゃいけないんだけど。。。今ならできるかもって思います。

私の指がどれだけ持つのかわかりませんが、やれるところまで。
さて、練習。



右手と左手のバランスなど、先生に見ていただく予定です。
まだレッスン決まってないけど、レッスンまでにたぶんこれ以上はうまくならないと思う(^^;

ピアノ部屋にじゅうたんを増やしたらちょっと音の響きが変わってしまって、少し籠ってるかな?
姫ちゃん自体もまた少し弦が緩んできてるんだけど(;^ω^)我慢我慢。
梅雨明けくらいにいちど調律してもらおうか…梅雨場が心配だから…と思ってます。