02
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

五匹の子豚

五匹の子豚 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)五匹の子豚 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
アガサ・クリスティー 山本やよい

早川書房 2010-11-10
売り上げランキング : 49570

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回は珍しい依頼です。
既に亡くなった両親のことについて調べて欲しいと。
依頼者の女性はカーラ・ルマルション。
両親の亡きあと、カナダに渡って親戚に育てられてきたという。名前も変えて。

カーラの父はエイミアス・クレイル。有名な画家であり、毒殺された。
その犯人はあろうことかカーラの母キャロラインで、1年後に獄中で亡くなったという。
16年も前の話…。当時5歳のカーラは何も知らされぬまま、遠ざけられたのだった。

そもそも、犯人は本当に母だったのか?

ポアロさんは当時の関係者に会いに行き、丁寧に話を聞いていきます。
弁護士、判事、警視。。。
そして、事件当時そこに居た人たち―5匹の子豚―に話を聞き、また当時を振り返って手記を書いてもらうことにしました。
そこから見えてきた本心と隠していたこと(ウソではないが言わなかったこと)、それぞれの言葉の意味をつなぎ合わせていくと…。

5歳のカーラについての記述がほとんどないんですよ。
5歳といえば、結構いろいろなものを見ているし、雰囲気やにおいなども感じているはずなのに。
もう少し書いてほしかったな。

レッスン

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

白昼の悪魔

白昼の悪魔 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)白昼の悪魔 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
アガサ クリスティー Agatha Christie

早川書房 2003-10-01
売り上げランキング : 95764

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「いったんだれかが殺人を決意したら防ぐことは困難だ」とポアロさんは言います。
確かにそうかもしれませんね。殺人なんて、よほどのことがなければ考えませんから。

小さな島の避暑地にやってきたポアロさん。
ホテルから少し離れた湾のところで女性の死体が見つかります。
被害者はホテルの宿泊客。首を絞められたようです。

犯人は宿泊客の中にいるのか?あるいは外部から?
ポアロさんの推理が始まります。

一人ずつお話を聞くのですが、皆さん時間的なアリバイがあるのです。
でも、何かひっかかる。
そしてパズルのピースを1つずつはめていくように、真実へ。

私としてはもう少し中身の濃いストーリーが好きかな~。
テレビドラマで見ているのでちょっと感動が薄かったかもしれません。

プロフィール

金魚

Author:金魚
***********
50代女性。
金魚2匹(自家産)の母。
ピアノ弾いてます。
語学好き(^^ゞ
英語&ドイツ語を勉強中。
本当はイタリア語もやりたい。

【ピアノ】子供時代に約10年、40代半ばに再開。ピアノ教室2009年5月~中断~2015年5月迄。以降、超不定期で個人的にレッスンをお願いしています。
子供時代アップライト。大人になってから電子ピアノ2008年11月YAMAHA CLP-340→2013年11月CLP470→2016年12月グランドYAMAHA C1=
名付けて”姫ちゃん”
恋人はブラームス(^^♪

【英語】多読やってます。
【ドイツ語】現在はテレビ講座で勉強中。

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索