旅するドイツ語21

今日の主役はハイドンさん(*^^*)

まずはハイドンハウスから。
突然現れた金髪のかつらをかぶった女性、いったい誰?(・・;)
Wie heißen Sie?
あー、ハイドンさんの奥さんなのね。マリア・テレーザさん。
別所さんは衣装がきれいだと言ってます。
Ich finde das sehr schön.

1766年から1778年までここに住んでいたそうです。
台所にいくとワイン樽(Weinfass)があります。ハイドンさんのお給料、一部はワインで(年間1044リットル)もらっていたんですって(^^;他にも豚1匹とか…。
ハイドンさん、朝はたいていメレンゲの団子入りビールスープ(Biersuppe)、間食には燻製肉と焼きたてのパン、お昼はこってりした煮込み料理にザワークラウトとお団子。好きな飲み物はカカオ(^^)

次の部屋は衣装などが展示されています。
なんと、6歳からかつら生活だったそうで…大変ですね(+_+)
まー、靴が!真っ赤な靴ですよ。しかもかかとの高い(^^; この靴、侯爵家で高い地位にあることを示すものらしく、ヒールを高くしたのは身長が低かったから。。。
身だしなみに気を使う、きちんとした方だったらしい。ふむふむ。さすがハイドンパパ。

次の部屋は女性たちの衣装があります。

(私達の)写真を撮っていただけますか?
Können Sie uns bitte fotografieren?
「私」だけだったらmichにする。

(例)
Können Sie bitte ein Taxi rufen? タクシーを呼んでいただけますか?
Können Sie bitte langsam sprechen? ゆっくり話していただけますか?

アイゼンシュタットには7つの教会があり、ハイドンさんは全部のオルガンを弾いたそうです(^^♪
中でも好きだったのがシュピタール教会(Spitalkirche)のもの。
はぁ~。やっぱり教会ってこの天井の高さですよね。音楽が似合う場所…パイプオルガン…ふさわしいですね。

ここのオルガンは1732年のもの。
ハイドンオルガン(Haydn-Orgel)というのだそうです。
鍵盤の数がとっても少ない。つまり、小さなオルガンです。レバーも8本しかありません。1段しかないオルガンなんて、初めて見たかも!(~o~)

教会のオルガニストさんに弾いてもらいました。
うわぁ~。すっごく感動的!!優し~い音がします。だからハイドンさんが好きだったんだ。他の大きなオルガンはもっと鳴り響くって感じですけど、これはなんだかあったかくて柔らかい(^^♪
この教会のためにというミサ曲
Missa brevis in B-Dur ~Benedictus 

次はすぐ近くのベルク教会(Bergkirche)へ。
ハイドンさんはここに眠っています。


【文法コーナー】
ベトベンさんとモツアルトさんが道に迷ってるみたい。
近くにいるおじさんに尋ねてみました。

Können Sie mir mal helfen?
ちょっと助けてもらえますか?
Können Sie mir bitte den Weg zum Schloss zeigen?
宮殿までの道を教えていただけますか?
Können Sie bitte lauter sprechen?
もう少し大きな声でお願いできませんか?

どうやら…ハイドン先生?!

Lange nicht gesehen! Wie geht es Ihnen?
お久しぶりです。お元気でしたか?

Können Sie uns bitte fotografieren?
写真を撮っていただけますか?
Können Sie mir das Foto schicken?
写真を送っていただけますか?
Können Sie mir bitte Ihre E-Mail-Adresse geben?
メールアドレスを教えていただけますか?


お菓子の作り方コーナーはエスターハージィーシュニッテ(Esterhazyschnitte)
シュニッテは四角く切られたお菓子で、丸いケーキはトルテ。あ~そうだったんだ!

次回は楽譜屋さんにも行くみたいです(*^^*)
スポンサーサイト
[ 2017/04/03 22:25 ] ドイツ語 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する