『バッハ・リサイタル』

バッハ・リサイタルバッハ・リサイタル
ブレハッチ(ラファウ)

ユニバーサル ミュージック 2017-02-21
売り上げランキング : 2461

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


首を長~くして発売を待っていました。
ようやく手元に届いてハッピーであります(^^♪
とっても良かったですよ。おかげでまたやりたい曲ができてしまって困ってます(~o~)

購入にあたり、輸入盤と日本版とで迷ったのですが、ひょっとしたら日本限定の何かがついてるかもしれないし、解説は読みたいし…英語でも読めなくないけど(^^;果たしてついてるのか?…と思い、日本版にしました。
1曲余計についてるとか、写真集があるとか、そんな特別なことはなかったようですが、解説はしっかり読ませていただきます。

輸入盤の方が発売日が早かったので、それがなんとも辛かったです(:_;)
先に手に入れた方が「良かった」と言うとなおさら。
ようやく落ち着きました。

いいですよ~。
安心して聴いていられる。
彼は聴く者を裏切らない。
ブレハッチの音、好きなんですよね。
久しぶりに聴けて、モチベーション上がりました(*^^*)
*今年リサイタルで来日するという話なのですが、実現すれば当然聴きに行きますヨ!

最後に『主よ、~』が入っているのですが、もうね、ずーっと聴いていたいくらいです。

もちろん、ブレハッチの演奏が全て好みなのか?というとそうはいかないのですが、この「人」のファンでもあるので、彼がどんな曲を選びどんなふうに弾くのか、それが毎回楽しみなのです。

これはいいけどこれはちょっと…と思うこともあります。でも、そう思うことは悪いことではなく、自分も音楽を奏でる一人として感じ方に違いがあって当然なのだから(演奏の腕前は別として)、むしろそういう違いが分かることはいいことなのだと思っています。
例えば、ベトベンで私が持つ曲のイメージと違っても、それは彼の解釈、彼の演奏なので、「ブレハッチらしい」と思って楽しんでいます。
そして、「私はこういう風に弾くよ」、と思います。

イタリア協奏曲、早く自分の演奏を録音して比べてみたいです。
1楽章さえまだぎこちなくて(^^;先は長そうですが。
技量不足はいかんともしがたい(-.-)
でも、どういう風に弾くかは自分の頭の中にあって、ブレハッチのとは違う。
先生に近いかな、やっぱり(^^)

パルティータの1番も久しぶりに聴いて、気持ちが新たになりました。
早くやらないとなぁ(^^ゞ

それより、今回のCDの中でまたやりたい曲ができてしまって困りました(≧◇≦)
幻想曲とフーガ イ短調。
あーやりたいやりたい!!
でも、ひょっとして難しいのか?コレ?

平均律も終わってないのにまぁいろいろと…我ながら呆れる(;^ω^)

1つずつ片づけないとどれもやりっぱなしになりますから(^-^;気を付けないとね。
とっととイタリアやりましょう。

では、練習します。
スポンサーサイト
[ 2017/02/23 14:37 ] 本・CD・DVD 音楽関係 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する