旅するドイツ語15

今回はハイリゲンシュタットに行きます。

カーレンベルク(Kahlenberg)の丘からの眺めはベトベンの好きだったものの1つ。ブドウ畑の向こうにウィーンの街が一望できます。
ドナウ川の両岸にブドウ畑が広がっているこの景色は、ベトベンの故郷、ボンのアール渓谷と似ているそうです。

ベートーヴェンの小路(Beethovengang)
ベトベン先生がよく大声で歌いながら散歩していたのだとか(^^; 想像できて笑っちゃう。

歩いているとシュライバーバッハ(Schreiberbach)という小川があります。
この小川を見て、交響曲『田園』の発想をしたと言われているそうです。
第2楽章の副題は”小川のほとりの情景(Szene am Bach)”
いいですね~田園。

ベトベン先生のいたころは温泉地としてにぎわっていたらしいのですが、現在は枯れてしまって閑静な高級住宅地。
ちょっと残念ですね。

ベトベンの暮らした家Beethovenhaus
あ~、ここここ!
ハイリゲンシュタットの話ではこの中庭の写真をよく見かけます。

遺書もあります。
バックに流れているのはピアノソナタ31番の3楽章ではないですか!おぉ~この場にふさわしい…ん?ちょっと待った。
遺書を書いたころに作曲していたのは14番あたりだったはずだけど??
まぁいいか。でも、この演奏好きじゃない…(-_-;)音が明るい。。。

ワインの産地ということで、居酒屋さんへ。
あれ?ここにもプレートが

IN DIESEM HAUSE WOHNTE
LUDWIG VAN BEETHOVEN
IM JAHRE 1817
RENOVIERT 1990

ここにも住んでいたんですね。

あ!これがホイリゲHeurigeなんですね。
実物を見るのは初めて(#^^#)
お店の看板のところから松の木が逆さまになってぶら下がっています。
heuer=今年
つまり、その年にできた新種のワインのこと、あるいは新種を提供する居酒屋さんのこと。

ホイリゲが下がっているということは、新種があります!というサイン(^^♪

Ich hätte gerne ein Glas Weißwein, bitte.
白ワインを一杯ください。

白ワインと言っても種類がたくさんあるようで…
Gemischter Satz(ゲミシュター・サッツ)というウィーンでしか飲めないワインにしました。
これは、一つの畑に数種類のブドウを植えて全部一緒に収穫して作るワイン…つまり、ミックスってこと?(^^;

スザンネさんはGespritzten(白ワインのソーダ割り)と言いました。
ウィーンの人ってソーダで割っちゃうんだ(+o+) へぇ~。

飲み物は頼んだけど、おつまみはビュッフェカウンターで頼むのが一般的なのだそうです。
うわぁ~おいしそうなものがたくさん。どれもこれも食べてみたい。
特に、お肉とかソーセージね!(#^^#)

Ich nehme das da. (あそこにあるそれにします!)とか言いながら頼んで、最後は
Das ist alles.(これで全部です。)

いただきます は Mahlzeit!

そして、
Wie gefällt Ihnen der Heurige? ホイリゲは気に入りましたか?
Ich gefällt mir sehr gut. 私はとても気に入りました。
Ich bin froh! うれしいです!



時についての表現

vorgestern おととい
gestern きのう
heute 今日
morgen あした
übermorgen あさって

am Morgen 朝に
am Mittag 昼に
am Abend 夕方に




文法コーナー
「~は気に入った」の表現。
ベトベン先生が助手を探しているんだけど、あの人はどうだこうだと言ってなかなか気に入る人がいないみたい(^^;毎回思うけど、よくできたストーリ―ですね。

Wie gefällt Ihnen der Herr? この男性は気に入った?
Der gefällt mir nicht. 気に入らない。
Wie gefällt Ihnen die Dame? この女性は気に入った?
Der gefällt mir. この男、気に入った。

Wie gefällt Ihnen die Oper?
Wie gefällt Ihnen das Konzert?

Es gefällt mir sehr gut! 
Esのところは、男性名詞ならEr/Der、女性名詞ならSie/Dieになったりするけれど、とりあえずはEsでよし。

Viel Glück! 幸運を!

次回はアート。
スポンサーサイト
[ 2017/02/01 23:10 ] ドイツ語 | TB(-) | CM(2)
面白そう
内容が面白くってこれは習うの苦になりませんね。
ドイツでは、ワインの炭酸割、Weissweinschorleって言います。
オーストリアのドイツ語は、また全然耳で聞いても違いますよ。
[ 2017/02/05 17:23 ] [ 編集 ]
Re: 面白そう
がるっちさんへ

> 内容が面白くってこれは習うの苦になりませんね。

「言葉の勉強」という意味では、あんまり進歩しないんですけど(^^;
ドイツもオーストリアも行ったことがないので、景色や文化が分かって楽しいです。

> ドイツでは、ワインの炭酸割、Weissweinschorleって言います。

ありゃ、やっぱり言い方が違うんですね。
両方の国に行くときは頭の切り替えが大変かも?(^^;

> オーストリアのドイツ語は、また全然耳で聞いても違いますよ。

そうですね。
番組では現地の人の発音とかインタビューも聞かせてくれるので、「なんとなく違うかな~」くらいには感じてるんですけど、現地に行ったらもっと感じるでしょうね。行ってみたいなー。

[ 2017/02/05 19:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する