FC2ブログ



Prev  «  [ 2020/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

金魚

Author:金魚
***********
50代女性。
金魚1匹(自家産)の母。
ピアノ弾いてます。
語学好き(^^ゞ
英語&ドイツ語を勉強中。
本当はイタリア語もやりたい。

【ピアノ】子供時代に約10年、40代半ばに再開。ピアノ教室2009年5月~中断~2015年5月迄。以降、超不定期で個人的にレッスンをお願いしています。
子供時代アップライト。大人になってから電子ピアノ2008年11月YAMAHA CLP-340→2013年11月CLP470→
2016年12月YAMAHA C1 愛称”姫ちゃん”
恋人はブラームスです(^^♪

【英語】多読をやっています。
【ドイツ語】現在お休み中。

最近のコメント
最近の記事
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

しゃばけ

しゃばけ 畠中 恵

結構、話題になっていたんですね。
去年ドラマにもなったって。
(文庫版も出ているようですが、私は単行本で読みました。)

この本、本屋さんでぶらぶらしているとき、偶然見つけました。
ハリー・ポッターなんかが並んでいるあたり…児童文学というかファンタジーというか、そういうコーナーにありました。表紙が面白くって。お化けがたくさん。あ、「お化け」って言っちゃいけないんですね。妖(あやかし)って言わなくちゃ(^^ゞ

お読みになった方、いらっしゃいますか?

さて、お話ですが・・・江戸が舞台です。
たいそう体の弱い大店(おおだな)の若旦那(一太郎)が主人公です。
この大店、廻船問屋と薬種問屋を営んでいるというから、かなりのもの。
しかも、薬種問屋は若旦那の薬を取り寄せているうちに始めちゃったというのだから、へへへ^^;すご腕なんですね。

若旦那の周りにはいつも妖(あやかし)がたくさんいます。でも、この妖たち、若旦那には見えても他の人には見えません。もちろん、近所に住む幼なじみの栄吉(菓子屋の息子)にも見えません。どーして?!

「身体が弱いから」といって、両親も手代(てだい)も一太郎をひどく甘やかします。甘~いお菓子はしょっちゅう与えるし、仕事はほとんどさせません。確かに!すぐに熱を出しちゃー寝込むし、死にそうになったことだって幾度あったのか。。。なんとも情けないお人なのです。

でも、体は弱くったって頭のほうは優秀。意志も強くて人情に厚い。とても魅力的な人なんです。
"殺し"の捜査だってしちゃいます。そんでもって、また熱が出て(>_<)

若旦那は若旦那なりに、大変な思いをしながら日々生きているようでございます。

楽しい本に出会いました。
シリーズになっているようなので、全部読むつもりです!(^^)!
評価:★★★★

スポンサーサイト



テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

C

omment

面白そう
コメント読んでたら私も読みたくなって来た 活字嫌いですぐに飽きる私でも最後迄読めそうな気がする(^O^) 早速本屋へ直行してみるだす

茶々兵衛 URL | 2008/07/11 19:15 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://peko392.blog43.fc2.com/tb.php/9-709dac60


ブログ内検索