FC2ブログ



Prev  «  [ 2020/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

金魚

Author:金魚
***********
50代女性。
金魚1匹(自家産)の母。
ピアノ弾いてます。
語学好き(^^ゞ
英語&ドイツ語を勉強中。
本当はイタリア語もやりたい。

【ピアノ】子供時代に約10年、40代半ばに再開。ピアノ教室2009年5月~中断~2015年5月迄。以降、超不定期で個人的にレッスンをお願いしています。
子供時代アップライト。大人になってから電子ピアノ2008年11月YAMAHA CLP-340→2013年11月CLP470→
2016年12月YAMAHA C1 愛称”姫ちゃん”
恋人はブラームスです(^^♪

【英語】多読をやっています。
【ドイツ語】現在お休み中。

最近のコメント
最近の記事
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

旅するドイツ語2

今回は音楽家ゆかりの場所を巡ります。
そうそう、ちょっとだけどショパンも暮らしていたんですよね。パリに行っちゃったけど。

Kohlmarkt(コールマルクト) から Mozarthaus (モーツアルトの家)まで歩きます。
あちこちに作曲家の住んでいた場所があり、プレートが掲げられています。

まずはショパン。
残念ながら住んでいた建物はもうないようです。
 


FREDERIC
CHOPIN
1810-1849
WOHNTE VON NOVEMBER 1830
BIS JULI 1831 IM 4.STOCK DES
HAUSES KOHLMARKT 9 DAS BIS
1900 AN DIESER STELLE STAND


(ここにあった建物の4階に住んでいた。その建物は1900年までこのコールマルクト9番地にあった。)


次はハイドン


IN DIESEM HAUSE WOHNTE
JOSEPH
HAYDN
SEIT 1750
DURCH MEHRERE JAHRE
GEWIDMET VON DER GESELLSCHAFT
DER MUSIKFREUNDE IN WIEN



WOHNTEwohnen(住む)の過去形
VON…… BISは、〜から〜まで

Spiegelgasse(シュピーゲル小路)に入るとシューベルトとサリエリがありました。
サリエリって、シューベルトの音楽の先生でもあったんですね。

途中、Michaelerkirche(ミヒャエル教会)に立ち寄ります。
モツアルトが亡くなり、友人シカネーダが追悼ミサを行った場所。
レクイエム(Requiem d-moll )が流れたといいます。

Mozarthause(モーツアルトの家)
入館料は11ユーロだそうです(^^;

ここで中を案内してくださる現地の女性にごあいさつ。
Ich heiße 〇〇. (私の名前は〇〇です)
Ich komme aus Japan.(私は日本から来ました)
Freut mich.(はじめまして)

Wie heißen Sie? (あなたのお名前は?)
Ich komme nicht aus Wien! (私はウィーンから来たのではありません)


モツアルト一家が住んでいたのは2階で家賃の高いフロア。
犬や鳥も一緒に住んでたらしい。
内装は近代的に改装されていましたが、階段は昔のまま。
中央部分がへこんでいますヨ(^_^;)
ここをモツアルトが上り下りしていたんだな〜。

変わっていないのがもう一つ。大きな窓から見える景色。
あぁ〜。こんな感じなんだ。

今回はほとんど観光案内でドイツ語の勉強という感じではありませんでした(#^^#)
でも、私にとってはとても新鮮で楽しい時間でした。
ドイツ語の勉強については次回に期待しています!
スポンサーサイト



C

omment


ブログ内検索