FC2ブログ



Prev  «  [ 2020/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

金魚

Author:金魚
***********
50代女性。
金魚1匹(自家産)の母。
ピアノ弾いてます。
語学好き(^^ゞ
英語&ドイツ語を勉強中。
本当はイタリア語もやりたい。

【ピアノ】子供時代に約10年、40代半ばに再開。ピアノ教室2009年5月~中断~2015年5月迄。以降、超不定期で個人的にレッスンをお願いしています。
子供時代アップライト。大人になってから電子ピアノ2008年11月YAMAHA CLP-340→2013年11月CLP470→
2016年12月YAMAHA C1 愛称”姫ちゃん”
恋人はブラームスです(^^♪

【英語】多読をやっています。
【ドイツ語】現在お休み中。

最近のコメント
最近の記事
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ショパンを廻るパリ散歩

ショパンを廻るパリ散歩―ロマン派時代の音楽事情ショパンを廻るパリ散歩―ロマン派時代の音楽事情
(2009/08/01)
中野 真帆子

amazonで詳細を見る


ショパンがパリに到着してから歩んだ道を、絵や写真とともに紹介しています。
ショパンと関係のあった人物の顔がわかるようになっていて、ありがたいです。
当時の社会的背景が説明されている点も良いと思います。

ショパンがサンドと共に滞在したマヨルカ島の修道院の様子は初めて見ました。
僧院内の薬局や図書室の写真もあります。

また、パルマに数週間滞在した「風の家」で使用していたマヨルカ製のピアノはショパンをイライラさせたようですが、このピアノから「前奏曲Op.28-2, 28-4」や「マズルカ ホ短調 Op.41-2」が生まれたというエピソードも紹介されています。 (これらの曲を聴くと、なるほど^^;と思えます)

残念なのは、写真の選び方に??と思うところがあったことです。
この本の副題には「ロマン派時代の音楽事情」とついています。

ショパンの最初のアパート「ポワソニエール大通り27番地」の5階からの眺めはすばらしかったらしいのですが、現在の写真を載せても全く風景は違うわけだし…はす向かいのブルバン・ホテルは関係ないでしょ。それに、現在のルーブル美術館の写真がなぜ?

これではとても「想いを馳せる」わけにはいかず、「観光ガイドか?」とがっかりしたのでちょっとマイナス。

評価:★★★
スポンサーサイト



テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://peko392.blog43.fc2.com/tb.php/59-025ab9b3


ブログ内検索