FC2ブログ



Prev  «  [ 2020/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

金魚

Author:金魚
***********
50代女性。
金魚1匹(自家産)の母。
ピアノ弾いてます。
語学好き(^^ゞ
英語&ドイツ語を勉強中。
本当はイタリア語もやりたい。

【ピアノ】子供時代に約10年、40代半ばに再開。ピアノ教室2009年5月~中断~2015年5月迄。以降、超不定期で個人的にレッスンをお願いしています。
子供時代アップライト。大人になってから電子ピアノ2008年11月YAMAHA CLP-340→2013年11月CLP470→
2016年12月YAMAHA C1 愛称”姫ちゃん”
恋人はブラームスです(^^♪

【英語】多読をやっています。
【ドイツ語】現在お休み中。

最近のコメント
最近の記事
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

はじめてのクラシック

はじめてのクラシック (講談社現代新書)はじめてのクラシック (講談社現代新書)
(1987/10)
黒田 恭一

商品詳細を見る

クラシック音楽について知りたいと思っていたところ、NHKの音楽番組で拝見した黒田さんがお書きになったこの本を見つけました。
本当にクラシック音楽が好きで好きでたまらない、黒田さんの「好き」が詰まった本です。

とかく難しく考えがちなクラシック音楽。
でも、大切なのは、
聴きたいと思う気持ち素直に聴こうとする姿勢
なのだと教えてくれます。

歴史的なことや理論的なことを難しく書いた本はたくさんあると思いますが、この本は違います。

「多楽章構成の交響曲や協奏曲、それにソナタや弦楽四重奏曲は―(中略)―フルコースのディナーのようなものである。」

といい、
最初は「つまみぎき」でいい、肝腎なのは好きになること、知識は、好きになり知りたいと思ってから身につければいい、という言葉にリラックスできました。

初心者にもわかりやすいように、いろいろなものに例えながらクラシック音楽の楽しみ方を述べています。交響曲を部屋で聴くのは、ルーブル美術館の大きな絵を部屋に持ち込むようなものであるとか…etc。また、ご自身が最初にオペラに出会った時のことや、録音・再生機の変化とともに聴かれる音楽が変わってきたことなど、興味深いお話も含まれています。

肩ひじ張らずに楽しめます。

評価:★★★★
スポンサーサイト



テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://peko392.blog43.fc2.com/tb.php/39-a7c0653c


ブログ内検索