FC2ブログ



Prev  «  [ 2020/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

金魚

Author:金魚
***********
50代女性。
金魚1匹(自家産)の母。
ピアノ弾いてます。
語学好き(^^ゞ
英語&ドイツ語を勉強中。
本当はイタリア語もやりたい。

【ピアノ】子供時代に約10年、40代半ばに再開。ピアノ教室2009年5月~中断~2015年5月迄。以降、超不定期で個人的にレッスンをお願いしています。
子供時代アップライト。大人になってから電子ピアノ2008年11月YAMAHA CLP-340→2013年11月CLP470→
2016年12月YAMAHA C1 愛称”姫ちゃん”
恋人はブラームスです(^^♪

【英語】多読をやっています。
【ドイツ語】現在お休み中。

最近のコメント
最近の記事
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ドンレミイの雨

ドンレミイの雨 (新潮文庫)ドンレミイの雨 (新潮文庫)
(1989/06)
池波 正太郎

amazonで詳細を見る


ずっとしまってあった本です。
買ってすぐ読めなかったんですね、あの頃は。
出版年が平成元年だもの…
仕事が一番忙しかったころだと思う。

『剣客商売』などでおなじみの池波正太郎さん。
かなりのグルメでいらしたとか。
その池波さんがフランスとバリ・シンガポールへ旅行なさったときのことが書かれています。
白黒の写真と、ご自身がお描きになったスケッチ(カラー)も収められています。

贅沢ですよね。
お抱え運転手+通訳付き。
しかも、宿泊場所は一流ホテルだし、食べ物も一晩で1万円札がヒラヒラ飛ぶ~。
まぁ、あの頃はバブルだったかもしれないけれど。

でも、この本はそういう贅沢を紹介する本ではなさそうです。

池波さんの物の見方、感じ方がわかる本です。
そして、居心地のよい場所が時代と共に変わっていく様を嘆いています。
特色が失われ、何でも近代化スピード化してゆくことに寂しさと危機感を抱いておいででした。
良き時代のフランス…本当にお好きだったんですね。

私は小ぢんまりした所で地元のワインとふつーのごはんがあればそれでいいな。
フランスは、(パリの人は嫌いだったけど)地方は良かった。
食べ物はすべて美味しかった。
また訪れることがあるんだろうか?

そういえば、私は今フランスものを弾いてるんだなぁ。。。
スポンサーサイト



テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://peko392.blog43.fc2.com/tb.php/244-b2e08e57


ブログ内検索