FC2ブログ



Prev  «  [ 2020/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

金魚

Author:金魚
***********
50代女性。
金魚1匹(自家産)の母。
ピアノ弾いてます。
語学好き(^^ゞ
英語&ドイツ語を勉強中。
本当はイタリア語もやりたい。

【ピアノ】子供時代に約10年、40代半ばに再開。ピアノ教室2009年5月~中断~2015年5月迄。以降、超不定期で個人的にレッスンをお願いしています。
子供時代アップライト。大人になってから電子ピアノ2008年11月YAMAHA CLP-340→2013年11月CLP470→
2016年12月YAMAHA C1 愛称”姫ちゃん”
恋人はブラームスです(^^♪

【英語】多読をやっています。
【ドイツ語】現在お休み中。

最近のコメント
最近の記事
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

まもなく50万語

多読を始めてから2か月になります。
専業主婦だったため比較的読む時間があり、間もなく50万語に達します。
でもねぇ…効果があったのかどうか、良くわかんないんです(+_+)

確かに、楽しく読んでます。
だって、簡単な本を読めということですから、絵入りの本をたくさん読みましたし、辞書を引かないので気が楽です。だから、次々と本を手に取って読もうとしています。
習慣になってきたかな。
一方、新しい単語が出てこないので、ボキャブラリーが全然増えないところが難。

読み終わった本をプラスチックケースに入れていったのですが、もうケースからからあふれてしまい、2つ目を買わないと間に合わなくなりました。
(本の購入金額は考えるだけでも恐ろしいです(>_<))
さて、この大量の本をどうしたものか?!
処分するにしても、どこに売ったらいいのだろう…。
オークションか?

気に入った本は繰り返し読んでも可
ということなので、今まで読んだ本をもう1度読みながらたまに新しい本を読むという形で100万語まで行きたいと思います。

レベル的には4まで来ました。
ここでようやく
Charlie and the Chocolate Factory
Charlotte's Webのレベルです。

レベル3までで100万語達成するのが望ましいということなので、ここらで立ち止まって今までの本を再読するのがちょうどいいかな(#^.^#)
CD付きのものでまだ聴いていないのもあるし、これから仕事に出るとあまり読む時間も取れないし疲れて読まなくなるかもしれないから、簡単な方がいいし。。。^^;

再読しながら、本の紹介や感想を書いていくことにします。
お楽しみに~(^^)/~~~

スポンサーサイト



テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

C

omment


私、日本からアメリカに出て、日本に戻ってドイツに来ましたが、目がね、アルファベットに慣れているというところがまずとても大事と感じています。多読はその点かなり効果があると思います。徐々に本の対象年齢をあげていけば、楽しみも増えるはず♪ですよね。対象年齢をあげると、今度語彙も新しくなるでしょうし、とにかく目が嫌がらないこと、これ、私にとってはとても大事なことなんです。

がるっち URL | 2010/09/26 04:05 [ 編集 ]

すごいです!
50万語ってすごいですね!
しかも、100万語目指すなんて(@_@)
簡単な本とはいえこれだけ読んだならきっと効果あると思います^^;
どんな本を読まれてるか気になってたので、
本の紹介や感想の記事とっても楽しみにしてますねー(^^♪

エラニユース URL | 2010/09/26 19:07 [ 編集 ]

Re: ♪
> がるっちさん

そうだったんですかぁ~。
だから英語もドイツ語も出来るんですね。

「目が嫌がらない」
はい、そんな感じです(^^♪
早くがるっちさんに追いつけるといいな。

goldfish URL | 2010/09/26 22:24 [ 編集 ]

Re: すごいです!
> エラニユースさん

いろんな本に出会いましたよ~。
日本でもこんなシリーズがあったらいいのにと思います。
勉強になった本もあったし、ホンワカ温かくなった本もありました。
でも、せっかく買ったのに「ちょっと~!(-_-メ)」って思うものもありました。

100万語って最初はどんなに大変かと思いましたが、
「絵本でもいい」となると、大したことなさそうに思えてきました(*^_^*)
これからは少しペースが落ちると思いますが、ちょこちょこ本のご紹介をしながら読み続けていこうと思っています。

goldfish URL | 2010/09/26 22:30 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://peko392.blog43.fc2.com/tb.php/134-679682e5


ブログ内検索