FC2ブログ



Prev  «  [ 2020/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

金魚

Author:金魚
***********
50代女性。
金魚1匹(自家産)の母。
ピアノ弾いてます。
語学好き(^^ゞ
英語&ドイツ語を勉強中。
本当はイタリア語もやりたい。

【ピアノ】子供時代に約10年、40代半ばに再開。ピアノ教室2009年5月~中断~2015年5月迄。以降、超不定期で個人的にレッスンをお願いしています。
子供時代アップライト。大人になってから電子ピアノ2008年11月YAMAHA CLP-340→2013年11月CLP470→
2016年12月YAMAHA C1 愛称”姫ちゃん”
恋人はブラームスです(^^♪

【英語】多読をやっています。
【ドイツ語】現在お休み中。

最近のコメント
最近の記事
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

避暑地の猫

宮本輝さんって人気がありますよね。
だから、読んだ方も多いのではないでしょうか。
(書かれたのは昭和58年(1983年)なのでちょっと古いデス)

避暑地の猫 (講談社文庫)避暑地の猫 (講談社文庫)
(1988/03)
宮本 輝

商品詳細を見る

宮本さんの作品はいくつか読んだことがあります。
どれも、楽しい話ではなかったように思います^^;
この作品もしかり。

でも、宮本さんの作品は好きです。
薄っぺらい内容じゃないから。人間の内面を深く見つめて書いていると思います。それに、文章がとても自然で、ストーリーの流れに無理がないから。
私の読書力は乏しいものですが、読んでいていつも何かを感じ、何かを考えることができます。おまけに、今回は「ハッ」とさせられることも「えぇーっ!?」と驚かされることもあり(推理小説的要素が含まれていて)、満足感がありました。

始めは不思議な感じ、その後、哀しさ、恐怖、そしてまた哀しさで胸がいっぱいになりました。最後にわずかな救いがあったとはいえ、欲、不信、裏切り、愛憎など、人間の嫌な面を「たっぷりと」見てしまった気がして気分が落ち込みました。ここに描かれた人々のように「幸せとは無縁」の人が実際にいるだろうということ、そういう環境で育つた人はどうなるのか…など、いろいろ考えてしまいました。

題名の「避暑地」というのは軽井沢のことです。でも、「」の意味は…難しいです。

軽井沢に大きな別荘を持つ一家とそこで働く別荘番の一家の17年間を書いた小説です。
この家族、どちらもバラバラ。みんな、気持ちの向いている方向がちがうのです。なんと哀しいことでしょう。登場人物それぞれが抱えている「ひどく不安定な精神状態」が、軽井沢の自然と共に詳細に描かれています。

いい作品だと思います。
評価:★★★★

なんか、『マークスの山』が思い浮かびました。次はこれにしようかなぁ。
以前、途中まで読んでそれっきりになっていました。でも、ずしーんと重たいなぁ。

スポンサーサイト



テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://peko392.blog43.fc2.com/tb.php/11-361c4d49


ブログ内検索