『どこかでベートーヴェン』

どこかでベートーヴェン (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)どこかでベートーヴェン (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
中山 七里

宝島社 2017-05-09
売り上げランキング : 565

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


題名に”ベートーヴェン”とあるので買ってみたのですが…もちろん、音楽の話も出てくるのですが…
舞台は音楽専攻クラスのある高校。

この前、『蜜蜂と遠雷』を読んでとても感動してしまったのでどうしても比べてしまいます。
ジャンル(というか、書きたい対象)が違うのだから比べてはいけないんですけどね。
あちらは作者ご本人がピアノを弾く人で、ピアノを愛している人。
ピアノとピアニストとその周りの人々、音楽界のことを書きたかった(のだと思う)。

こちらは、おそらくご本人はピアノを弾かない人。(読んでいて感じます)
音楽と関連付けてはいるけれど、音楽のことばかりを書きたいわけじゃなく、ミステリ?
でも、犯人はすぐわかってしまいました。

ということで、残念ながら私の好みではありませんでした。

手に取った時、思ったより分厚い本だと思ったのですが、それは重複して書いている部分が多すぎるから。
あまりに何度も言われると「もういいわ」と思ってしまう。

好きな本は「あぁ、もう終わってしまう」と思うけれど、これは「まだあるの?」でした。

ベトベンソナタ『月光』、『悲愴』、ベヒシュタインが出てきました。

中山七里さんって、あぁ『さよならドビュッシー』の作者なんですね。
テレビで放送された映画なのかドラマなのか?を観たことがあります。
原作に忠実だったのかどうかはわかりませんが、変わった作品だな、と思いました。
今思うと、映像に助けられた部分が多かったのかな?(^^;
この作品も映画ならいけるのかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2017/05/22 00:01 ] 本・CD・DVD その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する