いろいろ

一昨日、父の通院の付き添いの為、実家へ行ってきました。
実家へ行く日はいつも早い時間に起きるので、体の調子が狂うんです(*´з`)それが一番の悩み。

父を連れて病院に着くと、いつもよりたくさんの患者さん。
「今日は時間かかるな…(~_~;)」と覚悟。
毎回予約して行くわけですが、まぁ、時間通りなんてことは95%ないですね。
何もせずに2時間もずーっと座っているというのは退屈で眠くなります。少し歩き回りたいところですが、席をちょっと移るくらいしかできません。あちこちから呼ばれるので(検査があるから)。
体を動かしている方がよっぽどマシです。疲れ方が違う。

待っている間、テレビから流れてくるのは「眞子さま」のニュースばかり。お相手の方が誰かに似てるとずーっと…そうそうフィギュアスケートの宇野 昌磨くん(#^^#)若くしていいお相手に巡り合えてよかったですね。
患者さんがみ~んなテレビの方を向いていておかしかった。
こういう明るいニュースはうれしいですね。

診察が終わって薬局へ行って薬をもらい、家に帰ってきて…お昼ご飯を挟んで「片付け」再び。
この日は祖母のもの。籐の5段チェスト。
帯やら足袋やら風呂敷がたーくさん。
あと、袋物が好きだったので、財布やら小さな手提げなど…。
財布にお金が入ってるとか、袋にお宝が入ってるとかあれば面白いのに…と思ったけれどそういうものは発見できず。
いくつか取っておくものがあったりリサイクルに出せそうなものはあったけれど、大方は「ごめんよぉ、使わないから処分するよ~」と言いながらゴミ袋へ。

ここで驚くものが出てきました!
おばあちゃんったら、若くして亡くした夫(母が小学生の頃に亡くなった)の名刺とか戸籍の写しを持ってたのね。
私は祖父の名前を初めて知ったのです(゜o゜)
「伸一」という名前でした。

それで、その先が笑った(*^_^*)
母の名前は「伸子」になるはずだったのに、姓名判断か何かで良くないと言われて、届を出そうと役所に行った時に突然「伸子」はやめて今の母の名前になったのだという。警察官だったというその人の姿はどんなふうだったのでしょうか。あの世に行ったらお会いしてみたいと思います。

1つ、発見がありました。
ダーリンと私が送っていたハガキがきちんとファイルされて残っていました。
ダーリンの描いた絵はどれも覚えていると思っていたのですが、数枚、記憶にないものがあってビックリ。
そして、ハガキをたどっていくと私達夫婦の生活がよみがえってきます。
最初に引っ越した時のこと、金魚が来た時のこと…トマトを育ててみたけどおいしくなくて…あぁ、そうだった…と。

大変な労力を要する片付けですが、たまには思わぬものに出会えて面白いですね。



昨日のこと。
近くに住んでいるのに、すぐ「久しぶり~」になってしまうお友達とランチしておしゃべりしてきました。

その前に、ちょっと本屋さんへ。
本はネットで買うことが多くなってしまい、本屋さんへ足を運ぶことがめっきり減りましたが、やっぱり本屋さんは楽しい(*^^*)
表紙を見ているだけでも楽しいし、どんな本が売れているのか、どういう作家さんがいるのかがわかって、私の中に新しい情報が入ってきます。ネットだと自分が欲しい情報しか入ってきませんからね。
本屋さんって、いつまでも飽きずにいるんですよ、私(^^ゞ
うっかりすると待ち合わせの時間に遅れてしまうので要注意です。

先日、本を一箱処分したから…というわけでもないけれど(^^;気になるものがあったので買ってきました。

1つは『週刊文春』。
私が週刊誌を買うことはまぁ、生涯に何度あるか?ってくらいですけれど、今回は特別。
阿川佐和子さんの記事があったから(^^;

とうとうご結婚ということで、楽しそうだし興味津々で読ませていただきました。
やはり、楽しい記事はいいですよね。
私もそんな記事が書きたいです。
内容あまり言えませんが(言っちゃだめですよね、やっぱり)、ずっと前から「結婚の時は…」という出版社との約束というか、やり取りがあってこのような形のお知らせになったみたいです。特に変わったこともなく、自然とそういう結果になったという印象でした。おめでとうございます(*^^*)

もう1つは文庫本。
これについてはまだ読んでいないので、読み終わったら別記事で書きたいと思います。

ここんとこ3日もまともに練習していないので、今日はしっかりピアノの練習したいと思います!(;^ω^)
スポンサーサイト
[ 2017/05/19 06:52 ] ひとりごと | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する