FC2ブログ



Prev  «  [ 2020/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

金魚

Author:金魚
***********
50代女性。
金魚1匹(自家産)の母。
ピアノ弾いてます。
語学好き(^^ゞ
英語&ドイツ語を勉強中。
本当はイタリア語もやりたい。

【ピアノ】子供時代に約10年、40代半ばに再開。ピアノ教室2009年5月~中断~2015年5月迄。以降、超不定期で個人的にレッスンをお願いしています。
子供時代アップライト。大人になってから電子ピアノ2008年11月YAMAHA CLP-340→2013年11月CLP470→
2016年12月YAMAHA C1 愛称”姫ちゃん”
恋人はブラームスです(^^♪

【英語】多読をやっています。
【ドイツ語】現在お休み中。

最近のコメント
最近の記事
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

James and the Giant Peach

James and the Giant Peach Roald Dahl/ Quentin Blake Puffin Books

何度も挑戦したのに読了できなかった作品にいよいよ(^^;
でも、ちょっとずつしか読めませんでした。没頭できなかったんですね。
どうしてだろうと考えてみたところ、「児童書」だからなんじゃないかと思いました。
停滞感があるんです。大人だからわかってしまうことが多くて、そこをちゃんと読もうとすると飽きちゃう(^^;大人になると残念です。

でも「あー、こういうお話だったのね(*^^*)」と納得。

ダールさんの作品は、どこかブッ飛んでる所があってびっくりすることがあるんですけど、今回もしょっぱなから、主人公Jamesの両親がいなくなるのですがそれが普通の人には思いつかない事故で…。

そして、意地悪なおばさん姉妹に引き取られて生活することになります。
が!残念なことに幸せな生活が待っていたわけではありませんでした( ;∀;)

そんなある日、緑の種をもらったJamesはうっかりそれをばらまいてしまい…桃がどんどん大きく…(@_@)

お化け桃と一緒に海に出たり空を飛んだり、全く奇想天外な旅が始まります(*^^*)
最後にたどり着いたのはいったいどこ?

ダールさんらしい道徳的な場面がちらほらあって、「そうだよね、そうだよね」と思いながら読んでしまいました。
この辺が、今でも読み継がれている理由なんですね。

YL:4.5-5.5  総語数:27,552

スポンサーサイト



C

omment


ブログ内検索