02
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

調律(5回目)

待ちに待った調律でした(^^;
もう音が狂って狂って…よく我慢した~(~o~)

今回はピッチを元に戻してもらいました。
最初は442だったのですが、耳に痛いほどの音だったので、いったん440に落としてもらってました。今回、だいぶ音が落ち着いたので上げて欲しいとお願いしたところ442に戻してくださいました。

うん。スッキリしました。

それから、姫ちゃんが本領発揮!?なのか、だいぶ鳴るようになってきた気がします。
そのせいなのか、あっちもこっちもブルブルなんですよ。

もはや、屋根を締めた状態では弾けないし、弦もブルブル足元もブルブル、変な雑音も…とお話したら、「あー、雑音はこれですね」と、フレームについている金属部分を触っておっしゃいました。
で、それを取ってもらっちゃいました!(#^^#)
屋根を支えるつっかえ棒のすぐ後ろです↓

metal1.jpg

metal2.jpg

その後、鍵盤を引き出して1つ1つのキーに付いているネジをチェック。
へぇ~そんなところにもネジが!っていうところについてます。
長いドライバーを差し込んで丁寧にチェック。
あー、やっぱり真ん中辺(音が一番狂ってたところ)が緩んでるらしい!(@_@)
作業を見てると毎回発見がいっぱいで楽しいデス(^^♪

ペダルを踏む足にもブルブル来るとお伝えしたら、ペダルがついている部分のネジも見てくださいました。

「振動がありますから、全部のネジが緩みますよ」って。
はぁ~確かにそうですよね。大変だ(^^;

調整が終わって弾いてみると、前ほどじゃないけど「まだ狂うよ~」と言ってます(;^ω^)
そして狂う場所は1オクターブ上に移った感じ。まだまだか・・。

「やっぱり1年はかかりますよ」と、念を押すように言われてしまいました(^^;

鍵盤の重さが軽すぎて気になっていたのですが、調整が終わってみると適度な重さになってました。
「今、普通かほんのすこーし重いくらいですよ」
はい、これでいいです!ちょうどいいくらいになりました。

今日は内部のお掃除もしてもらって、ピカピカになった姫ちゃんです(^^♪

次回は…夏終わってから9月でいいんじゃないかと言われましたが、たぶん私が我慢できないでしょう。
「○○さん、音感いいですからね(^^; まぁ、9月じゃなくても、またいつでも呼んでください」と言ってお帰りになりました。

私だってそんなにしょっちゅう呼びたくはないんですけどね…お支払いも大変だし( ;∀;)
でも、これから初めての梅雨、初めての夏を経験するので、管理が心配です。
せっかく調子がよくなってきたんだからキープしないとね。また気になりだしたらお電話します。

という状況で、来週月曜日がレッスンです。
さて、先生は姫ちゃんのことをどうおっしゃるでしょうか(*^^*)ちょっと楽しみです。
あ、先生に弾いてもらったらもっといい音になるかも?(^_-)

いろいろ話に花が咲いてしまってレッスンができないんじゃないか?という気もしています。
まぁ、それもたまにはいいのか?^m^

スポンサーサイト

大屋根を閉めた状態で弾けないということは
ピアノ弾くとき、いつも大屋根を開けているのですね。
大屋根は重たくなかったですか?
グランドピアノの大屋根はC3サイズで40キロくらいあります。

ミッチーさんへ

こんにちは。
初めまして(*^^*)

> 大屋根を閉めた状態で弾けないということは
> ピアノ弾くとき、いつも大屋根を開けているのですね。

いつもは全開までにはしてなくて、ほんのすこーし開けているだけです。
”チビ”といわれているちっちゃいつっかえ棒が付いているタイプなので(#^^#)
たまーに全開にしてちょっとだけ弾くことがあります。

> 大屋根は重たくなかったですか?
> グランドピアノの大屋根はC3サイズで40キロくらいあります。

ご心配いただいて、ありがとうございます。
ウチの姫ちゃんはC1なのでそんなに重くありません(^^;
(私、けっこう力持ちなんです!)
ホントはC3が欲しかったんですけどね…予算的に…。
結果、部屋の大きさから考えるとC1でちょうどよかったのだそうです。

グランドを購入してから日が浅いので、わからないことだらけです。
何かお気づきのことがありましたら教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたしますm(__)m

重ねてのコメントですみません。
たまに大屋根を全開にしているのですね。ピアノの内部を換気する意味でもやったほうがいいですよ。
ところで、その大屋根を全開にするとき間違った開け方をする方をたまに見かけます。
ヤマハのグランドピアノでは大屋根を全開にする場合、つっかえ棒(突き上げ棒)は左側の受け皿に入れなければいけないのに、右側の受け皿に入れる方がいらっしゃいます(先日、楽器店のホームページでもありました)。
そうすると大屋根と突き上げ棒が不安定な角度になり、大屋根が落下するという事故につながりかねません。万が一、手や腕などが大屋根に挟まると大変なケガになります。

ミッチーさんへ

お気遣いありがとうございます。

> たまに大屋根を全開にしているのですね。ピアノの内部を換気する意味でもやったほうがいいですよ。

はい。
雨の日とか湿気の多い日以外は、まず屋根を開けてしばらく風を通してから弾き始めています(#^^#)

> ところで、その大屋根を全開にするとき間違った開け方をする方をたまに見かけます。

あ~やっぱりそういう方がいらっしゃるんですね。
ウチに最初に調律師さんがいらしたときに、初心者向けのレクチャーをしてくださって(^^;「棒を入れる場所を間違えないでくださいね」と注意を受けました。その時「はて、これまで私はスタジオなどで弾く時はどっちに入れてたんだろうか?(・・;)」と思いました。大きなピアノだと危なかったですね(;^ω^)

Secret

プロフィール

金魚

Author:金魚
***********
50代女性。
金魚2匹(自家産)の母。
ピアノ弾いてます。
語学好き(^^ゞ
英語&ドイツ語を勉強中。
本当はイタリア語もやりたい。

【ピアノ】子供時代に約10年、40代半ばに再開。ピアノ教室2009年5月~中断~2015年5月迄。以降、超不定期で個人的にレッスンをお願いしています。
子供時代アップライト。大人になってから電子ピアノ2008年11月YAMAHA CLP-340→2013年11月CLP470→2016年12月グランドYAMAHA C1=
名付けて”姫ちゃん”
恋人はブラームス(^^♪

【英語】多読やってます。
【ドイツ語】現在はテレビ講座で勉強中。

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索