ひらいたトランプ

ひらいたトランプ (クリスティー文庫)ひらいたトランプ (クリスティー文庫)
アガサ・クリスティー 加島 祥造

早川書房 2003-09-30
売り上げランキング : 19192

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


カードゲームがわかればもっと楽しかったんだけど…。

ポアロさんはシャイタナという人物からパーティに招待されます。
そのパーティはひどく悪趣味で、「殺人者たちを集める」のだという。

パーティでは2つのグループに分かれてブリッジが行われました。
このグループ分けに何か意味があったのでしょうか。
カードゲームの最中に主催者のサイタナ氏が亡くなります。

パーティには、探偵であるポアロさんのほかに警視、諜報局員、探偵作家たちが招待されていました。
とても意味ありげですね(^^;
これらの人々が協力して犯人を見つけようと動き出します。

クリスティーはやはり人の性格を深く考える人なんですね。
ポアロさんはブリッジの点数表からいろいろなことを読み取っています。

途中までは私の推理が当たってると思っていたんですけどね…やっぱり裏切られました。
だいぶクリスティーの考え方が分かってきたと思ったんですけど、まだ修業が足りないのでしょうか。

次は『もの言えぬ証人』です。
ワンちゃんが出てきますね(^_-)
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する