King Solomon's Mines

Penguin Readers: Level 4 KING SOLOMON'S MINES (Penguin Readers, Level 4)Penguin Readers: Level 4 KING SOLOMON'S MINES (Penguin Readers, Level 4)
Pearson Education

Pearson Japan 2008-10-27
売り上げランキング : 49857

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アフリカにいた冒険家Quartermainは、行方不明になった弟を探しにへやって来た兄Henryとその友人Goodと知り合う。
3人で「弟」を探しに出かけるが、魔女や強力な戦闘部隊を持つ王との戦いが待っていた。。。
Solomon's minesを探していたという弟は無事なのか?

人の名前や地名が分かりにくくて、チョット難儀しました(^^;

(Y.L. 4.0-5.0 総語数:17,950)
スポンサーサイト
[ 2018/04/15 10:03 ] 英語の多読 YL5 | TB(-) | CM(0)

four weddings and a funeral

Penguin Readers: Level 5 FOUR WEDDINGS AND A FUNERAL (Penguin Readers (Graded Readers))Penguin Readers: Level 5 FOUR WEDDINGS AND A FUNERAL (Penguin Readers (Graded Readers))
Richard Curtis

Pearson Japan 2008-04-15
売り上げランキング : 48775

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ようやくレベル5の2冊目になりました。
物によるかもしれませんが、辛いとか読みにくいとかは思いません。
うまくやってこれたかな?まぁ、時間はかかりましたが。
身に付くってこういうことなんでしょうね。
無理やり覚えたり格闘して読んできたのではないので、自然と手に取って読める感じがいいな、と思います。
そろそろ本格的な本も読もうかな。実はたくさん買ってあります(^^;

さて、今回の本はヒュー・グラントなど有名な俳優さん方が出演した映画でもあります。
『ノッティング・ヒル』系のお話のようですが、上映当時に観なかったので、内容は知りません。
さて、どんな感じでしょうか。

主人公のCharlesは、ハンサムで女友達も多い。一人の女性と一緒に住んでもいます。でも、この女性とはただのルームシェアの関係で、彼女じゃない。ふ~ん(+o+)
いつか運命の人と…と思うのですが、なかなか巡り合えず、他人の結婚式にばかり出席しているという。
でもねぇ、その癖を直さないと!

Charlesには”ある癖”があって、このせいでしょっちゅうハプニングが(>_<)
イヤだなぁ、こんな人。
でも、憎めない性格なのか(^^;人気あるんですよね。
男女含めた仲間たちともいい関係のようだし。

結婚式の幸せ3つと、突然の不幸1つと、ドタバタの結末(;^ω^)
みんなそれなりに幸せになったってことかな。

(Y.L:5.0-5.5 総語数:17,678)
[ 2017/10/27 08:41 ] 英語の多読 YL5 | TB(-) | CM(0)

James and the Giant Peach

James and the Giant PeachJames and the Giant Peach
Roald Dahl Quentin Blake

Puffin Books 2007-08-16
売り上げランキング : 2301

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何度も挑戦したのに読了できなかった作品にいよいよ(^^;
でも、ちょっとずつしか読めませんでした。没頭できなかったんですね。
どうしてだろうと考えてみたところ、「児童書」だからなんじゃないかと思いました。
停滞感があるんです。大人だからわかってしまうことが多くて、そこをちゃんと読もうとすると飽きちゃう(^^;大人になると残念です。

でも「あー、こういうお話だったのね(*^^*)」と納得。

ダールさんの作品は、どこかブッ飛んでる所があってびっくりすることがあるんですけど、今回もしょっぱなから、主人公Jamesの両親がいなくなるのですがそれが普通の人には思いつかない事故で…。

そして、意地悪なおばさん姉妹に引き取られて生活することになります。
が!残念なことに幸せな生活が待っていたわけではありませんでした( ;∀;)

そんなある日、緑の種をもらったJamesはうっかりそれをばらまいてしまい…桃がどんどん大きく…(@_@)

お化け桃と一緒に海に出たり空を飛んだり、全く奇想天外な旅が始まります(*^^*)
最後にたどり着いたのはいったいどこ?

ダールさんらしい道徳的な場面がちらほらあって、「そうだよね、そうだよね」と思いながら読んでしまいました。
この辺が、今でも読み継がれている理由なんですね。

YL:4.5-5.5  総語数:27,552
[ 2017/07/23 01:01 ] 英語の多読 YL5 | TB(-) | CM(0)