FC2ブログ
   
10
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

調律2020年秋?

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
スポンサーサイト



調律2020年5月

先日、待ちに待った調律をしていただきました。
コロナのせいで調律師さんが休業していたのです。

ピアノが小さいので狂いやすい、それは購入時から感じていたのですが、年4回は調律が必要。。。こうなると大きなピアノがますます欲しくなってきます。買うかなぁ。でも、お金がない💦 マンションの入り口、入れるの大変だしな…と、頭の中はグルグルしています。

今回は整音もやっていただいたので、お値段それなり。
調律師さんが「こんなときに、申し訳ない…」とおっしゃっていましたが、私は値引きしてほしくなかったのでそう言いました。
「ちゃんとやっていただけたらいいんです✋ ちゃんと払いますのでちゃんとやってください」

私は幸か不幸か失業したわけではなく、逆に何の休みもなく仕事に行っています。
休みたい(இдஇ; ) 安い給料でこき使われるのはもう嫌だぁ~。

次回はハンマーフェルトを削ることになりそうです。
そして、年内にキー裏のフェルト(白鍵の裏あたりにある、棒が刺さってる部分)の交換をやる予定です💧だいぶ、タッチがバラけてきました。今回何とか調整していただいていますが、摩耗しているのは明らかです。バラード1番とかソナタ3番とか、ベトベン30番、31番なんか弾いてきたものね。

大きなピアノ、買いたーい!!

次回はたぶん8月ごろです。9月までは持たないと思う…(;´д`)トホホ

調律2020年2月

お互いのスケジュールが合う日が今日しかなかったので(^^;月曜日にお電話して今日調律してもらいました。
弦が緩んで音が狂って、ピッチが3種類存在する状態でした(^▽^;)
でも、今回は通常の調律で済みました。

音が揃っていくのはとっても気持ちがいい(^^♪
…と、喜んでばかりもいられません。

もともと中古の姫ちゃんがウチに来てからすでに3年。
実は、問題が少しずつ出てきています💧
ピアノって本当に細かいパーツでできていて繊細な生き物。
こんなところがこんな風になっているとは。。。

近い将来、ブッシングクロスの交換が必要になるそうです。

https://blog.shimamura.co.jp/entry/20100510/1273461297

調律師さんは最初からそうなることを頭に置いていたそうです。さすが!(^^;
中音のあたり2オクターブくらいかなぁ…ごそっとやり替えないとダメらしいです。
もうキー同士がくっつき始めてますので。。。
でも、そういう作業ができる調律師さんだし、工房もお持ちだから安心してお任せできます。
これは本当にありがたいことです。

子どもが1日30分ポツポツと弾いているのとはわけが違うんですよね。
だから仕方ないと言えば仕方ないのですが、購入して温度湿度を管理して、調律して、それでもこういう消耗品の取り換えでお金がかかるとは…手元に置いてみないとわからないですね。高価な買い物。

ピアノ貯金しなくちゃ💦

次回は5月ごろを考えています。

調律2019年秋

先日、今年3回目の調律をお願いしました。

姫ちゃんがウチに来てから間もなく3年になります(^^;
最初は音が落ち着かなくてどうなることかとヒヤヒヤしましたが、今はショパンに合うきれいな音がするようになりました。

調律師さんが「もう5年くらい来てる気がする」とおっしゃるほど、たびたびお世話になりました(^-^;

今回は弦とペダルのゆるみが気になってお願いしました。和音が気持ち悪くなるとダメですね。頼まないではいられない。
本当はフル調律(ハンマーの針刺しなども含めた全体の調整)をやってほしかったのですが、気温の変化が大きいので次回にすることにしました。状態次第ではもう少し先でもいいかもしれません。

今のところ、修理の予定はないそうです。
フェルトを交換するなど大きな修理が必要な場合はあらかじめお知らせいただかないと、先立つものが用意できないので困ります(^▽^;)
でも、「弦が切れることはいつでもありますから、切れてもビックリしないでくださいね」と、おっしゃっていました。
弦が切れるとすぐに交換してすぐに弾けるようになるのかといえばそうではなく、太い弦だと注文してから巻くのだそうで…時間かかるんだって💦 いやだなぁ。

ということで、次回は年明け2月ごろを考えています。

調律2019年梅雨

今日は4か月ぶりの調律でした。まだいけるかな?と思ったのですが、少し前にがくんと音が変わったのでお電話しました。

ピッチが下がるほどではないのですが、音が揃わなくなり、和音を弾いていると合っているのかどうか微妙(^^;な感じ。ペダルもゆるんできたのか、音をコントロールできなくなってきました。

もう、いろいろ言わなくても調律師さんはわかってくださっているので、おまかせ。
途中で洗濯物を取り込んだり電話をしたり、別のことをしていました。
最近ずっと忙しかったから、自分のことや家のことを何もしていなくて…貴重なお休みはやることてんこ盛り💦

今回は針刺しはなしで、単純に弦を調整するだけでした(^^)v
あと、ペダルを締めてもらってOK。
やってもらってよかった。
音が揃うようになりました。これで練習できる(*^^*)
もうすぐレッスンなんだもん。

今後は年3回でいいかな~っていう感じ。
安定していて、自分のピアノになってきた気がします。

調律2019年春

姫ちゃんの音が狂ってきたのと弦の緩み、ペダルの緩みが気になってきたのでお願いしました。

今の時期、調律師さんは結構お忙しくて(受験やらコンクールやらで)、3月も前半はいっぱいで…私の方の都合と合わせたら次のレッスンに間に合わないかもしれないっていうくらいスケジュールがいっぱいだったので今日にしました。

本当はもう少し我慢したかったんだけど…我慢は良くないから(;´∀`)
不協和音なんか弾いてると自分で出してる音が合っているのかどうかわからなくなってくるんですよ。
弾く気がなくなるのよね~。

ウチの部屋とピアノには1つ問題があって、部屋もピアノもどちらも響くので耳に痛い音になってしまうのです。
調律直後はいいのですが、そのうち長い時間練習できなくなってきます。
調律師さんはいつもがんばって音量を下げるようにしてくれるのですが、そろそろ別の方法を考えたほうがいいかもしれないなぁと思っています。壁に吸音パネルを貼るとか。

調律師さんが「普通の家庭だとピッチは440が多いんですよ。下げてみますか?」と。
ピッチを下げればキンキン感というか、耳に痛い感じは減ると。

でもねぇ、最初のころに音が安定しなくて一度440に下げたことがあって、その時にどうも気分が乗らないというか、違和感があったんで…やめました(;^ω^) やっぱり442で。
ホールとか外で弾いた時の違和感も出てきちゃうでしょ?
Youtubeなんかで聴いててもピッチの違いが気になることあるしね。

今日、私が弾いて調律師さんに確認してもらったところ、低音側の壁が特に響いているようです。
私はガラス窓かな?と思っていたのですが、壁なら何とかなるかもしれません。
考えてみます。

明日はちょっとやる気を出して練習します。

次回の調律は6月ごろ…の予定(^^; たぶんその前になるでしょうけどね…。
理想は2、6、10月(整音含むフル調律)の年3回! (;^ω^)

調律2018年秋

音がカンカン鳴って耳が痛くなってきたのでお願いしました。
今回は整音してもらわないといけないのでフル調律💦
経済的には厳しいけれど、ちゃんと練習できないのはもったいないから。
前回のフル調律から1年だしね。(フルは1年に1度やらないとダメだと言われています)

しばらく本番はないので、練習モードということで、音を抑えめにしてほしいとお願いしました。
今は屋根をちょっとだけ開けて練習しているのですが、練習が終わったらおろしてくださいと言われました。
ちっちゃい棒で支えているのは大変で、そのうち棒が壊れるって(;゚Д゚)

まずはパッと見て…
「今年の夏は暑かったですけど、どうでしたか?」と。
えぇ、もちろん、ピアノちゃんのこと(^^;
「クーラーつけっぱなしで、止められませんでした!」
「そうですよね。でも、よく状態を保ってますよ。よそのお宅ではかなり状態が悪くなってますから。」

湿度の多い日本の夏。しかも台風多かったし、ピアノには過酷ですよね💦

もう、調律も珍しくなくなってきたので、今回は部屋の外でお待ちすることにしました。
といっても、ピアノ部屋はガラス窓で仕切ってあるので、中は丸見え(*^^*)
音の調律を終えて整音作業に入っていく…。

少しずつ、まぁるい音になっていくのがわかる。。。あ、いい感じ(*´艸`)って。

作業時間は3時間ちょっとかな。
今回は鍵盤の戻りが悪いとか鳴りっぱなしの音があるとか、そういう不具合はなかったから(^^)v
屋根を閉めても大丈夫な音量になりました。ε-(´∀`*)ホッ

お茶しながら少しおしゃべりしておしまい。

静岡の工場とか楽器博物館とか面白いから行ってみるといいですよって。
いずれ、ピアノ仲間とツアーできたらいいな、と思っています。

明日は仕事なので明後日からまた練習するのが楽しみです。
今日は調律の間、平均律の楽譜を眺めながら対策を考えてました。
頑張らなきゃ。

調律2018年夏

やっぱり3か月が げんかーい!!(>_<)

今回は音の狂いもそうですが、当たりが痛いというか、カンカンしてきたのでお願いしました。
次回はフル調律で整音しないとダメだって。。。(இдஇ; )
整音は5万円かかるんですよぉー!

私の耳はそうとう厄介らしい。
よくわかっちゃうんだって。。。

(´Д`)ハァ…
これから姫ちゃんをどうやって養っていくか考えないとなぁ。。。

高収入のパートないかなぁ。。。

おやつはフルーツゼリーにしました(*^-^*)おいしかった。



調律師さん、何でもすぐわかっちゃうの。
「同じ曲弾いてました?」って。
本番がありましたからね。2か月くらいドビュッシーメインで弾いてたから…
特定の音がほかのと違ってると。

「こういう音、嫌なんでしょ?(^^;」
当たりが固いところ、針刺してもらって柔らかな音になりました。
私の好みをちゃんとわかってくださってます。

音程はそろいましたけど…でも、あまり持たないだろうと(´Д`)ハァ…
まだ当たりがきついところが残っています。でも全部やると途方もない時間がかかるので今日はここまで。

練習時間はだいぶ減ったんですけどね…「〇〇さんは音感がいいから…かなり鋭いですよ。だから、他の人が半年に1度で良くてもそんなに持たないでしょうね(;^ω^)」と言われてしまいました。

以前は吐き気がするような音の狂いでしたがそれは落ち着いてきてホッとしています。
そして、姫ちゃんはいよいよ歌えるようになってきましたヘ(๑´O`๑)ノ♬
最初のころは、私の意志とは関係なく勝手におっきな音が鳴り響いてしまったのですが、最近は私の言うことを聞いてくれて(*^^*)ようやく一緒に歌ってる感じになりました。

次回は8月終わりか9月頭くらいにお願いすることになりそうです。

この前、スタインウェイを弾いたことなどお話しして楽しかった。

あ、羊と鋼の森の話するの忘れた💦
お忙しいようで、うちの後も調律しに行くって言ってたから。。。

調律2018年春

我慢の限界だったので(^^;お呼びしてしまいました。
もう少し我慢できるといいのですが、(弦が緩んで)左手の振動が辛かったし、自分の音感が狂ってしまうのも嫌だったし(´Д`)ハァ…
姫ちゃんはすっかり落ち着いた感じで、もうここまででしょう、と。
つまり…3か月に1度は固定になりそうです。予算なんとかしなくちゃ(;_;)

いつものように
「弾いてますねぇ(^^;」
「温度湿度管理は完璧です!」とのお言葉を頂戴しました。

今回は
1.音が鳴りっぱなしになるところ1か所の修正。
2.低音部の振動が酷い部分に針を刺してもらう。
3.高音部の音の狂いとキンキン感をなくす。

高音部はだいぶ音が狂っていたらしいです。
えぇ、もうオクターブがオクターブでなくなってましたから(^^;

まぁ、仕方ないですよね。
今弾いてる曲は、ペダルは左右頻繁に使うし、鍵盤は端から端まで使うし、グリッサンドもあり…。
子どもがバイエル弾いてるのとは違うから。。。あの頃は1年に1回でよかったもんね(^^;

今、新学期を迎える時期で、新規購入のピアノ調律もさることながら、消音装置を付けるお仕事がたくさん入っていてお忙しいそうです。
お子さんが大きくなってピアノを弾く時間帯が遅くなってくるのでしょうね。
(消音装置をあとから付けられるのはアップライト。グランドの場合は工場出荷時点で付けるのが普通。)

2時間半の作業。

あ~音が楽になりました。
ストレスからの解放~(^^♪
明日からの練習頑張ります。

レッスンまで2週間を切りました。
水の戯れ、全体の暗譜までもう少し。

調律 ~1周年記念~

一昨日、調律でした。

年内どうしようかと思ったのですが、和音の曲が多く音のズレが気になってきたし、響き具合も増大してきたので思い切って頼んでしまいました。あーん、お金ない~(ToT)

調律師さん、ピアノを触るなり
「あ~狂ってますね。それによく弾いてる(;^ω^)」って。
「そんなに弾いてないんですよ。練習時間だいぶ減らして半分くらいにしてますし…」

姫ちゃんがうちに来たのが去年の12月。
ちょうど1周年の記念調律となりました。

調律師さんが「部屋になじむまで1年かかります」とおっしゃっていた言葉通り、ピッタリ1年で落ち着きました。
もう、音がオヨオヨと定まりどころを探しているようなことはありません。

今回の依頼は、
・音が響きすぎてコントロールできないので響きを抑えて欲しい
・音がカンカンするようになってきたのでフェルトが固い感じがする。
・ペダルがゆるい

調律の道具を出してからじーっと何かを考えている様子。なんだろ?(・・?
手には音叉を握っていました。
「温度が低いと音がね…」と言って教えてくれました。
音叉は温度が低いとピッチが変わってしまうんですね。で、手で温めて442Hzまで戻してました。
いつもは電子音でやってたのになぜか今日は音叉で。

そして、いろいろ話し合いながら調律作業へ。
いつもそうなのですが、私がそばにいても全然かまわない方で、「ここにいていいですよ」って(^^)v
だから今回はずーっと付きっ切りで一緒に調律をしたような気分でした。
(楽しかったけど、あとでどーっと疲れが出ました(^^;)
少しずつ音が整い、欲しい音になってくる。ステキ(^^♪
ポーンと和音を鳴らした時の音の重なり方が気持ちいい。

今回の調律、弦の方でやるかフェルトに針を刺してやるか考えていたのだそうです。
私の欲しい音色を探っていて、今回は弦の方の調整でやることにしたようです。
「〇〇さん、機械的な音は嫌いでしょ?」ええ、その通りです。
(だから電子音じゃなくて音叉を使ったのかも?と後で思いました。)

「響きは抑えながら、でも伸びる音じゃないとダメだからなぁ…(^^;」はい、そうでーす。
「ウルサイお客ですみませんm(__)m」
「いや、いいんですよ。僕もやってて楽しいです」と。

今回はかなり弦を締めてもらいました。
1音につき3本も張られている弦を1つ1つ調整していく作業。
どれをどのくらい締めるかによって音が変わってしまうし、隣の音との響き具合もあるし…。
大変だなぁ(@_@;)気が遠くなる。

今回、ブラームスを弾くので特に低音部は響かないようにしておいて欲しいとお願いしました。
たくさん弾くとすぐビンビンになってしまうから。

最初はピンの根元が固くて締められなかったんですよ。
「これ以上やると根元の木が割れてしまう」とか「弦が切れてしまう」とかっておっしゃってました。でも、今はだいぶ柔らかくなってそれに耐えられるようになったみたい。姫ちゃん、育ったんだなぁ(*^^*)

調律師さんとの時間はおしゃべりしながらあっという間に過ぎていきます。
次回は春。4月まで持てばいいけど、たぶん3月には…(^^ゞという感じですね。

*******************
響き過ぎてしまう問題は、姫ちゃんだけではなく部屋の方にも問題があったので、タイルカーペットを少しずつ敷き詰めて行って、ピアノ低音側の壁にも立てかけてみました。これでほぼOK。
四季を経験したので、温度湿度の管理も覚えました。

今はエアコンをほぼつけっぱなしにして室温16度~18度、湿度55~60%に保っています。除湿器は使っていません。

さぁ、これからです。弾きますよー。

調律(7回目)

我慢したのですが…
やっぱり2か月が限界みたいです(:_;)

今日はフル調律でした。

お金がかかるお金がかかる……(T_T)

最初、調律師さんに見ていただいて、少し作業をしながら相談をしました。
”今日やるか次回やるか”
まぁ、どっちにしても「整音」しないと、当たりが強くなってる所がいくつかあって、耳にカーンとくる音があります。
他にもこれから「出るだろうなぁ(お化けじゃないですよ(^^;)」という感じだったので、思い切って「もう、やっちゃってくださいっ!(≧◇≦)」と言ってしまった。
あー、出費(T_T)
その代わり、思いっきり音量を落として
音大生仕様というか、プロ仕様にしてもらいマシタ( `ー´)ノ

年内はもうやるつもりはないです!
でもきっと12月にはお呼びしなくちゃいけなくなりそうな…イヤだイヤだ絶対イヤだ…。

姫ちゃんの内部を覗くのはとっても楽しい(^^♪
調律師さんは写真を撮っても嫌がらないしニコニコしていろいろ教えてくれるので有り難いです。

ハンマーについた弦の痕はこのくらい。
最初は真っさらだったのだから…ねぇ。それなりに。あはは(^^;

hammer_gennoato.jpg


今回のビックリポイントはここ。
蒲鉾から下に伸びている針金はこんな風に曲がってます(@_@;)
実は、「ペダルを踏みながら弾くと残ってしまう音」が2か所あったので、それの調整。
ここの曲がり具合とフェルトの膨張(針金が刺さってる根元周り)を調整して鍵盤の戻りをスムーズにして…直りました!
すっごくビミョーな作業。かなりの経験がないとできないみたい。
私が信頼してお願いできるのはこの辺。

kamaboko_under.jpg

ピッチは442Hzでやっていただいてますが、今回はあまり下がってなくて441Hzだったそうです。
だんだん下がらなくなってきたみたい(^^)v

10時半くらいから始まって終わったのが2時半くらい?で、私が確認して…またまた「ここがイヤ~」とか「耳が痛い~」とか言っていくつか追加で直して(というか針刺して)いただいて、ようやくおしまい。3時でした(;^ω^)

*****
調律師さんの名誉のために付け加えておきますが、あとから私がいろいろ言って追加作業をお願いするのは、耳の違いのためです。人間の耳は人によって聴こえ方や得意な?トーンが違うので、私が良くても調律師さんが気になる音、調律師さんが良くても私が嫌な音ってあるんです。だから、お互いに音を出しながら「これは?」という感じでやり取りしながら最終確認をします。
*****

ウルサイお客だと思われてるんじゃないかと思っていたら、「楽しみにして来てるんですよ」って(^^;ホントかどうかわかりませんけど、でも、ピアノを大事にしててあれこれ言ってくれる人の方がうれしいみたいです。

このあと、簡単なお昼をお出しして(買ってきたものですが(^^ゞ)次のお客さんのところへ行かれました。
ウチの仕事でかなり神経使って音の調整をしたみたいなので(調律だけで2回やったそうです(@_@;))、その後大変だっただろうなぁ。

というわけで、私の方も朝から掃除してチャリで買い物行ってきて調律立ち会って…疲れました(^^;
最近、体力ないなぁ。

ピアノレッスンは11日の予定。。。弾くぞ!

調律(6回目)

いやはやもう、調律貧乏です
前回の調律から約2か月。
そんなにしょっちゅう調律してもらうわけにも(経済的に(>_<))いかないので、少しは我慢したのですがこれが限界。

他の人はどうなんだろうか?と調律師さんに伺ってみました。
「人それぞれですね(^^;」と。
”半年に1度”と決めたら絶対にそれ以上やらない人もいるし、音の変化に気づきにくい人もいるし、敏感な人は1か月に1度必ずとか。だから、気になった時が依頼時という感じらしいです。

確かに…どれだけ弾くかにもよりますしね。
普通の人なら私のようにたくさん弾けるわけもないですから。

「半年に1度とかにしたいんですけど(^^; ピアノが落ち着いてきてもそうはならないでしょうか?」
「〇〇さんは音感いいですから(^^; 絶対音階あるんじゃないですか?」
「えっ?(・・;) いや、そんなものは…」
だって、もしそうだったら日常生活がうるさくてたまらないらしいですよ。私、そんなんじゃないし。

ただ、幼稚園児の頃からピアノのレッスンを受けていたので、「音感が育った」ことは確かなのでしょう。
今の先生にも「耳がいい~!」と言われたことがあるし、小学生の時、近所の子たちを集めてやっていたちっちゃな合唱団に入るときにパート分けのテストを受けたら、音大声楽科のお姉さんが「音、ピッタリ~!(^O^)」と驚かれたことはありました、ハイ。でも、ピアノやってたら普通じゃん?ってその時は思いましたけど、ひょっとしたら普通よりちょっと上だったのかなぁ?(^^;惜しいことした?

えっと、話戻って…
今回は、弦が緩んでブーンブーンだし、手にも振動がきてブルブルする。
ペダルを使ったあと、残る音がある、という症状でした。

でもね、今回の変化は今までとは明らかに違いました。
前回までのオヨオヨした音はなくなり、姫ちゃん本来の音が出てきた感じです。
これはうれしい。落ち着いてきたかな、と思います。
だから、今回は「弾いたための変化」でした。

調律師さんが作業を始めると…
「緩んでますね~」と(^^;
弦のピンもそうですが、鍵盤の中もあちこち。ハンマーの根元まで!
「ここまで緩む人はあまりいませんよ(^^;」というくらい。。。
弾き過ぎたのか?(・・;)
弾く時間減らそうかなぁと真剣に悩みます(~_~;)
でもねぇ、せっかく買ったんだし、ようやく弾けるような状態になってきたので弾きたいし。。。遠慮しててもしょうがないし。。。

緩む原因としては、
たくさん弾いたというほかに、シフトペダルをたくさん使った(これもわかったらしい(^^;)ということもあるらしいです。
どびゅっしーで左ペダル使ってますもんね。

「こんなに狂うなら少しは自分でネジ締めたりできないのか?」と思って、尋ねてみました。
でもね、結果的にムリそうです

”弦が緩んだ感じ”といっても、その原因がどこにあるかは調律師さんじゃないとわかりません。
今回も「音の残り」は弦を締めたら直るのだと思っていたら、「それは違う所ですよ」と。
なんと、弦の上に乗っかってる蒲鉾(^^;についてる針金?が刺さるフェルト部分が膨張したため、すんなりと蒲鉾が下りなくなってるらしいのです。「へぇ~?(~o~)そんなところ・・・」
フェルトにアイロンを充てるという作業を初めて見ました(゜o゜)

こういう状態が出始めると、他のキーでも出る可能性があるとのこと。
でも、湿度管理は一生懸命やっているのでこれ以上のことはできません。
調律師さんにも「がんばってますね。最高の状態です」と言っていただきました。
だから、あとは出たら直すってことらしいです。

次回からウチに来るときは特殊な工具を持ってくるとおっしゃってました。
どんなのか楽しみです。って、もうしばらくお呼びしたくないんですけどね(^^;はぁ。

というわけで、月曜日のレッスンに向けて練習頑張ります。

調律(5回目)

待ちに待った調律でした(^^;
もう音が狂って狂って…よく我慢した~(~o~)

今回はピッチを元に戻してもらいました。
最初は442だったのですが、耳に痛いほどの音だったので、いったん440に落としてもらってました。今回、だいぶ音が落ち着いたので上げて欲しいとお願いしたところ442に戻してくださいました。

うん。スッキリしました。

それから、姫ちゃんが本領発揮!?なのか、だいぶ鳴るようになってきた気がします。
そのせいなのか、あっちもこっちもブルブルなんですよ。

もはや、屋根を締めた状態では弾けないし、弦もブルブル足元もブルブル、変な雑音も…とお話したら、「あー、雑音はこれですね」と、フレームについている金属部分を触っておっしゃいました。
で、それを取ってもらっちゃいました!(#^^#)
屋根を支えるつっかえ棒のすぐ後ろです↓

metal1.jpg

metal2.jpg

その後、鍵盤を引き出して1つ1つのキーに付いているネジをチェック。
へぇ~そんなところにもネジが!っていうところについてます。
長いドライバーを差し込んで丁寧にチェック。
あー、やっぱり真ん中辺(音が一番狂ってたところ)が緩んでるらしい!(@_@)
作業を見てると毎回発見がいっぱいで楽しいデス(^^♪

ペダルを踏む足にもブルブル来るとお伝えしたら、ペダルがついている部分のネジも見てくださいました。

「振動がありますから、全部のネジが緩みますよ」って。
はぁ~確かにそうですよね。大変だ(^^;

調整が終わって弾いてみると、前ほどじゃないけど「まだ狂うよ~」と言ってます(;^ω^)
そして狂う場所は1オクターブ上に移った感じ。まだまだか・・。

「やっぱり1年はかかりますよ」と、念を押すように言われてしまいました(^^;

鍵盤の重さが軽すぎて気になっていたのですが、調整が終わってみると適度な重さになってました。
「今、普通かほんのすこーし重いくらいですよ」
はい、これでいいです!ちょうどいいくらいになりました。

今日は内部のお掃除もしてもらって、ピカピカになった姫ちゃんです(^^♪

次回は…夏終わってから9月でいいんじゃないかと言われましたが、たぶん私が我慢できないでしょう。
「○○さん、音感いいですからね(^^; まぁ、9月じゃなくても、またいつでも呼んでください」と言ってお帰りになりました。

私だってそんなにしょっちゅう呼びたくはないんですけどね…お支払いも大変だし( ;∀;)
でも、これから初めての梅雨、初めての夏を経験するので、管理が心配です。
せっかく調子がよくなってきたんだからキープしないとね。また気になりだしたらお電話します。

という状況で、来週月曜日がレッスンです。
さて、先生は姫ちゃんのことをどうおっしゃるでしょうか(*^^*)ちょっと楽しみです。
あ、先生に弾いてもらったらもっといい音になるかも?(^_-)

いろいろ話に花が咲いてしまってレッスンができないんじゃないか?という気もしています。
まぁ、それもたまにはいいのか?^m^

やっちゃった

一昨日のことです。
ピアノの練習が終わって片づけようと、楽譜を取った瞬間、
”カラン” って。

え?!カランって、何?(・・;)
…もしかして…え~っ、ひょっとして…
落ちたの?入っちゃったの~?!

気を付けてたんですけどね(:_;)
鉛筆が落ちちゃったんですよ。
鍵盤の蓋の裏側からピアノの中に…。

グランドピアノならではの”事故”です。

どうしよう( ;∀;)
こんなことで調律師さんをお呼びしては申し訳ない。
この前、来てもらったばかりだし。

何とかならないかと頑張ってみた。
「えっと、確かこんな感じで…」
あ!外れた!\(^o^)/

futanashi1.jpg

鉛筆は…あれ?ない? 
うそ、そんな…う~ん…あった!
結構奥の方に転がっていた鉛筆をなんとか手繰り寄せて取り出しました。
(これを取り出さなければピアノを弾くこともできない)

pianoinner1.jpg


さて、次は蓋をはめて…と。
えーっ!何で入らないの~

行きはよいよい帰りは…じゃないですけど、難しかったです。
一生懸命、汗かきながら頑張りましたけど完敗

ピアノの蓋って、結構重たい。
しかも私の身長が低いせいで、蓋を持ち上げる高さも…体勢的にキツかった。
鍵盤の両端がもう傷だらけ。ゴメンね、姫ちゃん( ;∀;)

futanoana1.jpg


このままがんばっても、もしこの蓋を落としたら鍵盤やハンマーを壊してしまうかもしれない。
観念して調律師さんに電話しました

「すみません、鉛筆を落としてしまって…蓋を外して鉛筆は取ったんですけど、はめられなくなってしまいました。どうしたらいいでしょうか」

「あ~、じゃ、取ったんですね。それならそのままにしておいてください。僕行きますから(^^;すぐには行けないんですけど、土曜日はどうですか?」

十分、すぐじゃないですか!ホントにいい方で(>_<)
ほんとにほんとに申し訳ありませんm(__)m

実は、前回調律にいらしたときに「こんなこともありますよ」と、教えてもらってました。
だから鉛筆とかはダメなんだとわかってて、気を付けてたんですけど、入っちゃうときってビックリするくらいポロッと…。

「何か落ちたときはそのまま弾くと傷付きますから、呼んでください」とはおっしゃってました。
でもねぇ。。。鉛筆一本で。。。はぁ…。

そもそも、なんでそういう構造になってるのよ~!!と八つ当たりしてみる。

そして今日、調律師さんが朝から来てくださいました。
「おはようございます!」って笑顔でいらっしゃるんですけど、こちらは恥ずかしくてもう。

「ビックリしたでしょ(^^;もう大丈夫ですよ」って、1秒でつけてくれました(*^^*)
作業はいつも見てるし、調律師さんなんだから出来るの当たり前ですけどね、ホントに何の迷いもなくスーッと。

「もう何千台もやってますからね(^_-)」って。そりゃそうですけど。

調律師さん曰く、「ピアノの中って、結構いろんなものが入ってるんですよ(;^ω^) チーかまとかチョロQとか…」
(◎_◎;)
小さいお子さんがいらっしゃると入れちゃうらしいですヨ。

そして、次回のためにと、やり方を教えて下さいました。
何度かトレーニングしていただきましたので、次は自分でできると思います(って、二度とやりたくないですけど(≧◇≦))。

ここで注意。
自分のピアノでできるからといってよそでやらないこと。
ピアノはそれぞれ蓋のつき方が違うので(いろいろ教えてくださいました)、たとえ外せてもはめられなくなる可能性が大。
(傷だらけになったり壊したりするのが怖くて、自分のピアノさえ嫌ですけどね(^^;)

「もうこれでできるようになりましたから、安心でしょ? でも、練習はしないでくださいね(^^;」と言い、にこやかに帰って行かれました。

お世話になりました。
次回は5月にお会いする予定…あくまで予定ですが(・・;)

調律(4回目)

笑っちゃうんですけど、調律師さんには毎度記念日に来ていただいてます(^^;
最初はクリスマスイブ。前回はバレンタインデー。今日はひな祭り。

本当はもう少し我慢してからおいでいただこうと思っていたのですが(すでに和音を弾いたら気持ち悪いレベルだったけど)、来週、ピアノを弾く友人が来ることになったのでその前に…ということでお願いしました。

さて、響き過ぎが課題だった姫ちゃんですが、カーテンをかけてからかなり改善。
これなら大丈夫でしょうということで、1枚4万円以上もするYAMAHAの調音パネルの設置は当面見合わせることになりました。ヤッタ!

今日の調律は、ピンを締めて「音」の調整。
ピッチも442から440に落として、落ち着いた音色にしていただきました。
だいぶいいですよ(^^♪

ただし…音が「まだ狂うよ~」と言ってます。
オヨオヨした感じで、これはもうどうしようもない。

弾かなかったら狂わないのか?と思ったのですが、調律師さん曰く、「弾いても弾かなくても狂います(;^ω^)」とのことなので、弾くしかないです。

次は5月の予定なのですが、たぶん4月にお呼びすることになりそうで…覚悟してます(-_-;)

姫ちゃん調整3

カーテン買いました。

部屋のコーディネイトっていっぺんにやらないと難しくなりますね。
でも、ピアノがどんな状態かわからないので今までできなくて。

本当はレースのカーテンだけにしたかったんですよ。
外からの明かりが素敵なので。
厚手のカーテンを掛けるとどうしても部屋が暗くなります(:_;)

やっと探して見つけたのがこんなの。
なんとかうるさくならない柄で色も違和感のないものにできたかな、と思っています。

pianocurtain1.jpg

pianocurtain2.jpg


だいぶ響きは緩和されたような気がします。
満足のいく状態まではまだまだだけど。

実は、カーテンレールもこのスチールのは良くないんです。
響いてるのが分かる。
でもね、これだけは勘弁して。どうしてもこれにしたかったの(^-^;

あと、出窓にもカーテンを付けるかどうかですが、これ以上やると今度はモコモコと”こもった感じ”になりそうなので、とりあえずはここまで。

気になっている響きはおそらくフラッターエコーというやつなんでしょう。
調音パネルを入れないとどうにもならなそうな。。。

それより、音の狂いが日ごとにひどくなっていく。
いつまで我慢できるか、我慢比べ。

調律師さん「またですか?(^^;」って思わないかな。
ま、状態はよくご存じだと思いますけどね。

調律(3回目)

えー、正確には「部分整音」でした(*^^*)
調律っていうのはネジ=ピンのところをぐいっと締めたり緩めたりすることらしい。
ギターのチューニングピンを触るのと一緒。
整音はヴァイオリンの弓、ギターのピックの調整って感じらしい。

今日は低音部の響き過ぎを何とかしてもらうべく、調律師さんをお呼びしました。
「すみません、たびたびで…」
「いいんですよ。呼んでください(^^)」

ハンマーフェルトにチクチクと針を刺していました。
だいぶ音量減ったと思いますけど、たぶんまた来月にはお呼びすることになるのでは?(^^;

どのくらい弾くのかによって調整頻度は変わるそうで、私の場合は3か月に1回くらいは必要らしい…(≧◇≦)
前回の調整から1か月ちょっと…どのくらい弾いたかすぐわかったそうです。

たぶん次は音自体が狂ってくるだろうから、「調律」と「整音」両方なんじゃ?(ToT)

音が落ち着くまで1年かかると。。。

姫ちゃん、仲良くしようね(T_T)/~~~

hammer.jpg


ちょっとボケちゃって残念だけど、最高音の方から写したハンマーフェルト。
姫ちゃんのフェルトは少し削ってあるけど、それは売り出す時にきれいにした程度だということでした。
まだまだ行けそうです。
「でも、そのうち削りますよ」って(^^; はぁ。

hammerfelt.jpg


温度湿度

毎日寒いですね。

姫ちゃんとの生活も1か月を過ぎました(^^;
でも、温度湿度管理は難しいです。
毎日気にしながら生活しています。

最近、良いお天気が続いて空気が乾燥しているおかげで、湿度は気にしなくてもいいくらい(^^)v
でも、温度がね…。

日中はまぁいいとして、問題は夜。
姫ちゃんの部屋は角部屋なので、2面が外に面していて冷えやすいんですね。
気を付けないと夜中に10度を下回りそうです。
私が一緒にいればいいんだけど…。

夜中にエアコンをつけっぱなしにすることも考えましたが、暖房費がどれだけかかるか恐ろしいので、全部の部屋を開けっ放しにして、温かい空気が姫ちゃんのところまで回るようにして実験中。
各シーズンを経験しないと、コントロールの仕方はわからないですね(^^;

夏と冬で温度差がない方がいいんでしょうけれど、私が家を空けることもあるし、停電することもあるでしょうから、できるだけ自然な状態にしておきたいと思っています。これ、金魚たちと同じ(^^;
冬は10度を下回らないように、夏は28度くらいってことで考えています。
あ、私がピアノを弾く時も部屋の温度は15~6度にしかしません。弾いてると体が熱くなるしね(^_-)-☆

湿度は高めで、65%を超えないように見張ってます、私が(;^ω^)

除湿器買ったでしょ?
ええ、そうなんですが、梅雨の時期はつけっぱなしにするつもりですが、今はもったいないから。床暖房とかエアコンつければ湿度下がるし。


姫ちゃんの音はちょっと落ち着いてきたんですが、今度は緩んできた感じが…。
特に低音が響くんですよ~(+_+)
屋根を開ければだいぶいいんですけど、そんな状態でガンガン弾くわけにもいかず(-_-;)

あと1か月くらい持ってほしいんだけど、我慢がならなかったらまた来月調律かなぁって…( ;∀;)
そんな感じです。

姫ちゃん調整2

カーペット買いました。
いろいろ悩んだのですが、「防音」というモノにしました。
自分でどうにでもできるように、もし合わなかったら(使えなかったら)他の部屋で使えるようにコレ。

pianomat.jpg

10枚1セットになっているもので、色はこんなの。
床の色と同じにしようと思ったのですが、なかなかいい色がなくて。
ま、良かったかな(*^^*)

あ、それでね、姫ちゃん良くなりました。
耳に痛くてペダルもなかなか使えない状態だったのですが、なんだかゴキゲンですよ。
やっぱり響板が響きすぎて床からビンビン反響してたみたいです。
これでカーテンはちょっと延期させてもらおう(^^;もうお金ないです。

ようやく練習頑張れそうです!

姫ちゃん調整1

なかなか思うようにいかない姫ちゃんです。
少しずつ落ち着いてはきたのですけどね。

まずはコレ。
フレームフロントカバーというものらしいです。
譜面台の下に入れます。
ピカピカに光っていた弦を巻くピンの部分が隠れます。
もっといいものがあったかもしれませんが、一応、ヤマハのものを買いました。

ffcover1.jpg

ffcover2.jpg

調律師さんに「ピンのところは触らないように」って言われていたのですが、この前ポロッと鉛筆が落ちてしまって「ヤバいっ!」ということで、買いました。高かった。約8,000円(;_:)

音はねぇ…あんまり変わんないかな。
少しでも抑えられればって思ったんだけど(^^;
まぁ仕方ない。

次はカーペット。
色がねぇ、床の色とおんなじのがなくて悩み中。。。
思い切って違う色…とも思うんだけど、せっかく気に入った色にした床が残念だし。。。

まだまだつづく~!(≧◇≦)

プロフィール

金魚

Author:金魚
***********
50代女性。
金魚1匹(自家産)の母。
ピアノ弾いてます。
語学好き(^^ゞ
英語&ドイツ語を勉強中。
本当はイタリア語もやりたい。

【ピアノ】子供時代に約10年、40代半ばに再開。ピアノ教室2009年5月~中断~2015年5月迄。以降、超不定期で個人的にレッスンをお願いしています。
子供時代アップライト。大人になってから電子ピアノ2008年11月YAMAHA CLP-340→2013年11月CLP470→
2016年12月YAMAHA C1 愛称”姫ちゃん”
恋人はブラームスです(^^♪

【英語】多読をやっています。
【ドイツ語】NHKテレビ講座

最近のコメント

最近の記事

カテゴリ

YL1 (10)
YL2 (20)
YL3 (23)
YL4 (13)
YL5 (4)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索