Daily Life 

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 多読
CATEGORY ≫ 多読
      

多読を始めて6年目

多読をスタートしたのが2010年の7月でした。
http://peko392.blog43.fc2.com/blog-entry-106.html#comment_list

それから中断していた時期もありましたが、最近また始めました。
スタートしたころに読んだ本が、今は楽に疲れずに読めます。
まぁ、2度目だから楽?かもしれませんが、すっかり内容を忘れているものもあるので。
最初の頃は辞書を引きたいという欲求が強くて困りましたが、今はそれもなくなりました(^^;

効果はかなりあったと思います。
短期間でどうなったかはわかりませんが、やってよかったです。
特に、生きた英語を知る、口語を知ることができたのは良かったですね。
英語と米語の違いは時に面倒なんですが、それもまた言語。
そうか~、なるほどね~と思うしかない。

そろそろ、読んだ本は処分していかないとネ。

そして、今までは外国語として学ぶ学習者の為に書かれたGraded Readers(Oxford Bookworms Library, Cambridge English Readers, Penguin Readers Level)を中心に読んできましたが、これからはもう少し英語を母語とする児童向けのLeveled Readersを多く読んでいきたいと思います。これ、結構難しかったりします(^^;

多読ガイドも今は第4版になりました。

4864540284英語多読完全ブックガイド[改訂第4版]
古川 昭夫 黛 道子 宮下 いづみ 佐藤 まりあ 畑中 貴美 神田 みなみ 西澤 一 SSS英語多読研究会
コスモピア 2013-03-13

by G-Tools


そのうち、ふっと気になった本を手に取ってすぐにスラスラと読める日が来るのかな?と期待しています。
スポンサーサイト

まもなく50万語

多読を始めてから2か月になります。
専業主婦だったため比較的読む時間があり、間もなく50万語に達します。
でもねぇ…効果があったのかどうか、良くわかんないんです(+_+)

確かに、楽しく読んでます。
だって、簡単な本を読めということですから、絵入りの本をたくさん読みましたし、辞書を引かないので気が楽です。だから、次々と本を手に取って読もうとしています。
習慣になってきたかな。
一方、新しい単語が出てこないので、ボキャブラリーが全然増えないところが難。

読み終わった本をプラスチックケースに入れていったのですが、もうケースからからあふれてしまい、2つ目を買わないと間に合わなくなりました。
(本の購入金額は考えるだけでも恐ろしいです(>_<))
さて、この大量の本をどうしたものか?!
処分するにしても、どこに売ったらいいのだろう…。
オークションか?

気に入った本は繰り返し読んでも可
ということなので、今まで読んだ本をもう1度読みながらたまに新しい本を読むという形で100万語まで行きたいと思います。

レベル的には4まで来ました。
ここでようやく
Charlie and the Chocolate Factory
Charlotte's Webのレベルです。

レベル3までで100万語達成するのが望ましいということなので、ここらで立ち止まって今までの本を再読するのがちょうどいいかな(#^.^#)
CD付きのものでまだ聴いていないのもあるし、これから仕事に出るとあまり読む時間も取れないし疲れて読まなくなるかもしれないから、簡単な方がいいし。。。^^;

再読しながら、本の紹介や感想を書いていくことにします。
お楽しみに~(^^)/~~~

多読開始から1か月

多読(Extensive Reading)というものを始めてから1か月がたちました。
たまたま円高だったので、とにかく本を買っておこうと、買いまくりました

その結果、トータル購入金額は…¥48,699

ひえぇ~(>_<)こんなに買っちゃった。
もちろん全部読んだわけじゃないんですが、30万語突破しました。

私は誕生日が夏なんです。だから、誕生日のプレゼントは
「金をくれ!」
ということで、もらったものはすべて洋書の購入に充てました(*_*;
さて、これでよかったのか…?
ちょっといいコンサートだって行かれたのに
いやいや、そんなことを考えてはいけない。

一番問題なのは、
効果があったのか?
ということです。

でも、効果ってなかなかわからないものらしいです。
最初に読んだ本を読み直してみたところ、読みやすくなってました。
でも、1度読んだ本ならどれだって読みやすく感じるハズ。だから、次はNewsweekなどの雑誌や新聞を読んで、躊躇なくザーッと読めるかどうか試してみようと思います。

Graded Readers(英語学習者向けに書かれた本)は、レベル4まで来ても分からない単語がほとんどないので、まだまだレベルアップ&スピードアップができそうな気がします。
もともと読むことは好きで、「量が多い」ことについてはあまり気にならなんです。

でも、Leveled Readers(ネイティブ児童向けに書かれた本)はレベル2くらいでもしょっちゅうストップしてしまいます^^;
基本動詞、熟語がわかってないからです。
あ、こういう風に使うんだ。
こういう言い方、覚えておくと便利だな~。

などと考えてしまい、しょっちゅう立ち止まっては読み返しています。

たぶん、私だけじゃなく、日本国内で普通の学校に行って普通の英語の授業を受けた人は、みんなこうなんだと思います。
このギャップを埋めるには、Graded Readersを早く卒業してNewsweekやTime、Economistに切り替え、もう一方で絵本や児童向けペーパーバックを読むようにしていけば良いのではないかと思います。

また1か月くらい経ったら経過をご報告したいと思います。

多読(レベル2続き)

多読はなんとか続いています。
すぐにでもレベル3に行きたかったのですが、私の場合、どうもこの辺の基本熟語あたりが怪しいと思い、もう少し停滞することにしました^^;
ネイティブの子供が話すような「基本的な言い回し」が欠落してるんですね。
(私は海外での生活経験がありません。)

読むスピードは少しずつ上がってきました。
読んでいる最中に日本語が浮かんでくることも少なくなってきました(*^^)v



さて、前回からの続き
Penguin Readers や Oxford Bookworms などの Graded Readers だけでなく、ネイティブの小学生が読むペーパーバックも混ぜていきます。

【レベル2】

The Animal Rescue Club (I Can Read Book 4)
傷ついた動物たちを保護して自然に帰す活動に子供たちが参加する話。簡単にできることではなく、トレーニングや登録も必要だという但し書きが巻末にあり。

My Weird School #1: Miss Daisy Is Crazy!
子供の心理をうまく書いているなぁと思いました。こんな先生がいたら学校が楽しかったかも!
知らない言い回しや単語が少し出てきました。早く覚えよう。

Ireland (Oxford Bookworms Library Factfiles: Stage 2)
アイルランドに興味があったので読みました。地名の発音が分からないので、CDがあった方が良かったかなぁとちょっぴり後悔。

Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark (A Stepping Stone Book(TM))
(1992/07/28)
Mary Pope Osborne

amazonで詳細を見る

木の上の家を見つけた兄と妹。その家の中には本がいっぱい。開いてみると…という冒険物語。
シリーズ物です。しばらく読んでいこうと思います。
内容的には子供っぽい(だから好きじゃない人もいるらしい)のですが、言葉を覚えるという点でいいかな、と。

Magic Tree House #3: Mummies in the Morning (A Stepping Stone Book(TM))
上のシリーズの第3巻。エジプトの話だったので、2巻を飛ばしてこっちに来ちゃいました。

William Shakespeare: 700 Headwords (Oxford Bookworms Library)
簡単バージョンだけど、読んで良かった(*^^)v
あとは、シェークスピアの作品を少しずつ読みたいです。
語数は多いけど、子供向けのペーパーバックよりずっと読みやすくて速く読み終わります。
その辺が私の弱点(;_:)

The Nutcracker (Young Reading CD Packs)
くるみ割り人形です。 思いっきり子供向けの本なのに、分からないが単語ある~(>_<)!!
音楽つきでかわいらしい。CDを何度も聴いて、覚えちゃおーっと。【←レベル1】

これからレベル3へ移りますが、レベル2も混ぜて読む「パンダ読み」という方法をとります。
読みごたえのある本、早く読みたい。でも、基本も忘れずに! は~い(^O^)

多読(レベル2)

レベル2に入って、さすがにスピードが落ちてきました
しばらくこのレベルに停滞するのかなぁ?
もう少し先に進んで積読本を消化したいんだけど…慌てない、慌てない^^;

多読用の本を探すのに必要なので仕方なく買いました(;_:)

英語多読完全ブックガイド[改訂第3版]英語多読完全ブックガイド[改訂第3版]
(2010/03/12)
古川 昭夫神田 みなみ

amazonで詳細を見る


ちょっとお値段が高めで辛いところ。
この本1冊で洋書が5~6冊買えてしまう!(>_<)
ちょっと癖があるので慣れるまで見づらいかもしれませんが、結構使えると思います。

私の弱点である科学モノが読みたいんだけど、あんまりないんだなー、これが。
せっかく見つけても売り切れだったりします(;_:)



その後の読書【レベル2】
The Ghost of Genny Castle: Level 2 (Penguin Readers Simplified Text)
登場人物が少なくて読みやすかった(^^ゞ 一気に読了。

Robin Hood: Level 2 (Penguin Readers Simplified Text)
読了後に辞書引きました~。saff:杖 abbot:僧院長?

"Gulliver's Travels": Level 2 (Penguin Readers Simplified Text)
こんな話だっけ? ガリバーがあまり好きになれませんでした。

Agatha Christie, Woman Of Mystery (Oxford Bookworms Library; True Stories, Stage 2)
好きだから、スラスラ読めてしまいました。
読了後に辞書を引きました。dispensary:調剤室 moor:荒れ地

The Piano: Stage 2 (700 Headwords) (Oxford Bookworms)
ピアノっていうから、ピアノや音楽についての言い回しがわかるかと思ったんだけど…そうではなかった^^;
でも、いいお話で一気に読みました(*^_^*)

Oxford Bookwarmsシリーズは読みやすい気がする。
次はCambridgeの物を1冊と、あとペーパーバックの易しいのを数冊読んでからレベル3へ進む予定デス。

進んでます多読

その後、毎日読書してます。
まだ辞書を引いてません!(^^)!
これならとても楽。
今楽しみなのは、「どのくらいまで進んだら読めなくなるか」ということです。
自分で自分をテストしているようなものです。

前回の3冊以降読んだもの

【レベル0】
The Bookstore Ghost (Easy-to-Read, Puffin)
子供のように楽しんだ。猫とネズミと人間の関係がおもしろい。

Escape (Oxford Bookworms; Starter)
マンガ形式。無実の罪で投獄されて脱獄。でも…?少し退屈。

King Arthur (Oxford Bookworms Starter)
マンガ形式。マーリンとかランスロットとか、よく聞く名前が分かった^^;
もっと長い文章で読みたい。

Little Bear's Visit (I Can Read Book 1)
ほのぼの。あるある~!という感じの小熊と祖父母との会話。心の交流。

The Ransom of Red Chief: Starter (250 Headwords) (Oxford Bookworms Library Classics)
ありがちな話ではあるけど楽しめた。Escapeより良かった。



【レベル1】
Marcel and the Shakespeare Letters: Level 1 (Penguin Readers Simplified Text)
いきなり、ちょっと長いなぁと感じる。この辺から苦しいのか?
もう1度読んでみた。少し慣れた。

The Big Picture Level 1 (Cambridge English Readers)
東京のカメラマンの話だったのであまり興味が持てなかったが、話はまとまっている。

Help! Level 1 (Cambridge English Readers)
なかなか良かった。

Inspector Logan (Cambridge English Readers:Level1)
評価は高かったが、私としては退屈。まどろっこしくてイライラした。

The Murder of Mary Jones (Oxford Bookworms Library Playscripts)
脚本形式。裁判制度が分かるのだが、すでにジョン・グリシャム等を読んでしまっているので、ストーリーがちょっと…^^;でも、このレベルの読み物では仕方ないか。

Mary, Queen of Scots (Oxford Bookworms Library, Stage 1: True Stories)
分からない単語はないし、読みたかったものなのでとてもスムーズに読めた。

The Coldest Place on Earth (Oxford Bookworms Library)
英国とノルウェー、2つのグループが南極を目指す。リーダーの違い、装備の違いなど興味深い。子供の頃に読んでおけばよかったと思う。



【レベル2】
Story of the Treasure Seekers, The, Level 2, Penguin Readers (Penguin Readers Level, 2)
登場人物の兄弟姉妹の名前がすぐに覚えられずに時間がかかった。これが私の弱点か?結末がなぜそうなるのかよくわからなくて消化不良。もう一度読むかも。

まだまだ読書耐力が必要みたいです。

多読を始めます

英語の多読を始めることにしました。

実は、ずいぶん前に知り合いの人から薦められていたのですが、今までなかなか取りかかれませんでした。

先日の英検と今回のTOEICで、「私にはどうしても足りないものがある」と感じていたところ、何となく読んだ本がコレでした。

英語多読法 (小学館101新書)英語多読法 (小学館101新書)
(2010/06/01)
古川 昭夫

amazonで詳細を見る


帯に書いてあるんですよ「中1から始めて中3でTOEIC850点!」って。
それじゃぁ、
今まで苦労して勉強してきてまだ885点しか取れてない私って、一体何なのよぉ~(>_<)

多読って、一体何があるんだろう。。。
基本原則はこの3つ。

1.辞書は引かない
2.分からないところは飛ばして前へ進む
3.つまらなくなったら止める

そんなんで、本当に大丈夫なの?英語力がつくの?!
とりあえず、やってみないことには話にならないので、昨日からスタートしました。

この方法、とにかく易しい本から読むことを薦めています。
易しい子供向けの本なら、私も読んでいました。
でも、何でもいいわけじゃないらしい。
ピーターラビットは難しいって(・・?
うーむ。。。

今更・・・という感じもしますし、そんなに何冊も洋書を買っていたらお金がかかる(@_@。
でも、もう時間がない私は何でもやります!

多読に興味がある方はHPもありますのでこちらへどうぞ。
http://www.seg.co.jp/sss/


昨日はレベル0から3冊。
The Big Bag Mistake: Easystarts (Penguin Readers Simplified Text)The Big Bag Mistake: Easystarts (Penguin Readers Simplified Text)
(2008/04/15)
John Escott

amazonで詳細を見る


Maisie and the Dolphin: Easystarts (Penguin Readers Simplified Text)Maisie and the Dolphin: Easystarts (Penguin Readers Simplified Text)
(2008/02/21)
Stephen Rabley

amazonで詳細を見る


Newspaper Chase Book and CD-ROM Pack: Easystarts (Penguin Longman Active Reading)Newspaper Chase Book and CD-ROM Pack: Easystarts (Penguin Longman Active Reading)
(2007/03/29)
John Escott

amazonで詳細を見る


読んでみて、焦りました
バカにできません。
こんなときはこんな風に言えばいいんだ!ということが何度かあって、「あー、ちょっとしたことが言えないんだな」と思い知らされました。
とりあえずこのレベルのスピード(150-200words/分)はクリアしたので、あと何冊かレベル0を読んだら、レベル1に進みます。

さて、効果のほどはいかに?
お楽しみに~。